「macOS Sierra 10.12.4」以降のmacOSをインストールしたMacでは、macOSの再インストールコマンドが変更に

昨日、Appleは正式版「macOS Sierra 10.12.4」を一般ユーザー向けにリリースした。同バージョンでは新たに「Night Shift」モードなどの新機能が追加されているが、他にも重要な変更があることが判明した。

Appleがサポートページ(英語版)で公開した情報によると、「macOS Sierra 10.12.4」以降のmacOSをインストールしたMacでは、macOSの再インストールを行うコマンドに変更が加わっているという。

再インストールコマンドが「Shift」+「Option」+「Command」+「R」に変更に

これまでは、「Option」+「Command」+「R」というコマンドを利用することで「Macに初めから搭載されているmacOSもしくはそれに近いmacOSをインストールする」という動作が行われていたが、「macOS Sierra 10.12.4」以降ではこのコマンドが「Shift」+「Option」+「Command」+「R」に変更に

また、これまで使われてきた「Option」+「Command」+「R」のコマンドは、今後は「Macと互換性のある最新のmacOSにアップグレードする」という動作をするようになったとのこと。

ちなみに、この情報が掲載されたのは英語のサポートページのみで、まだ日本語のサポートページは古い情報のままとなっているが、おそらくすぐに修正されるものと思われる。

もし「macOS Sierra 10.12.4」以降のmacOSを使っていて、macOSを再インストールしたくなったら、新たなコマンドの「Shift」+「Option」+「Command」+「R」を利用するようにしよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。