iOS版「Kindle」アプリがアップデート 「iOS 10.3」にアップデート後に電子書籍が読めなくなる問題を修正

「iOS 10.3」にアップデート後に、Kindleで電子書籍が読めなくなっていた方は本日公開された「Kindle」アプリの最新アップデートを試してみてほしい。

本日、AmazonはiOS版「Kindle」アプリの最新バージョンを公開。最新版では「iOS 10.3」をインストールした端末で発生していた、一部のKindle書籍が読めなくなっていた問題が修正されていることが判明した。

最新バージョンは「Kindle 5.9.1」。リリースノートでは同不具合の改善については触れられていないが、実際にアップデートすると昨日まで開くことができなかった電子書籍が利用できるようになっている。

Kindle書籍を読むことができなくなっていた人や、「iOS 10.3」へのアップデートを控えていた人は「Kindle」アプリの最新バージョンをインストールしてみてほしい。

ちなみに、リリースノートは以下のとおり。

  • ComiXologyのガイドビューがKindleでご利用いただけるようになりました。画期的で全く新しい、映画のような臨場感のあるモードでコミックをお楽しみください。
  • Kindleに送信 – Kindleライブラリにドキュメントやウェブページを保存できるようになりました。Safariで「共有」ボタンをタップし、共有先にKindleを追加してください。ウェブページはKindle形式に変換されるため、ページのテキスト、フォント、色を調整でき、あらゆるKindleアプリや端末で閲覧できます。
  • バグ修正とパフォーマンスの改善
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう