次期iPhoneのプレミアムモデル「iPhone 8」のCAD画像が公開? やはりホームボタン廃止、全面ディスプレイ化か(追記あり)

(記事下に追記あり)

「iPhone 8」はやはりホームボタンが廃止され、全面がフラットなデザインになるかもしれない。

本日、次期iPhoneの最上位モデルと噂されている「iPhone 8」のレンダリング画像が初リーク。同画像から次期モデルの数々のヒントが明らかになっているので詳細をお伝えしよう!

やはりホームボタン廃止?デュアルレンズカメラが縦並びになり、Smart Connectorが搭載か

今回レンダリング画像を公開したのは、各種リーク情報で定評のあるNowhereelse.frのStevehemmerstoffer(@OnLeaks)氏。彼はツイート内でレンダリング画像の詳細について語っていないものの、暗に「iPhone 8」であると言及。「iPhone 8」のおもて面と裏面が分かる画像を公開している。

左が「iPhone 8」のおもて面で、右が「iPhone 8」の裏面だ。まずは左から見ていこう。

左の画像の特徴は「何もない」ということ。本来あるべきのホームボタンがなくなっていることから、以前からの噂である「全面ディスプレイ」を予感させる。

端末の上部端には通話用のスピーカーと思わしき溝や、内向きカメラ用と思わしき穴がふたつ開けられている。これは環境光センサーとカメラの二つの穴であると予想されるが、内向きカメラには立体認識ができるカメラが搭載されるという噂もあることから、もしかするとデュアルカメラになる可能性もある。

また、スピーカーなどの部品がエッジ部分近くまで寄っていることから、画面サイズはより大きなものになる可能性が高い。やはり全面ディスプレイモデルの誕生か?

次に背面を映している右側の写真を見ていこう。Appleらしいシンプルなデザインとなっているが、なんとカメラが縦並びになっているではないか。これは以前にMacお宝鑑定団Blogも触れていたことで、次期モデルはデュアルレンズカメラが横並びではなく縦に並ぶ可能性がある。

しかも嬉しいことに、カメラの出っ張りは全く見られない。「True Toneフラッシュ」用の穴がないのが気になるところではあるが、これが実現したら次期iPhoneはとても美しい端末になりそうだ。

ちなみに、もうひとつ気になるのは、背面下部に3つの穴が開けられているということ。見るからに、これは「SmartConnector」用の穴だ。

「Smart Connector」は主に、「Smart Keyboard」などの外部アクセサリと接続するために使うものだが、もし搭載されるとなると「iPhone 8」ではこれらの外部アクセサリを使うことができるようになるということになる。

これに関しては前モデルの「iPhone 7」の時でも散々噂された挙句、実装されなかった経緯があることを考えると「iPhone 8」で搭載されるかどうかは謎。そもそもiPhoneに「SmartConnector」を乗せる必要があるのだろうか。

そのほか、本体横の電源ボタン下に新設された謎のボタンなども気になるところ。ホームボタン廃止に伴って、「Siri」ボタンでも新設するのかもしれない。

今回公開されたCAD画像は、本当に「iPhone 8」の画像かどうかは分からない。先日の報道では、まだAppleは「iPhone 8」のデザインを決めかねていると言われていたことから、あくまで試作機のひとつに過ぎない可能性がある。そのため、あくまでも参考程度に頭に留めておこう。

今年発売されるiPhoneは3モデル体制になり、1つはプレミアムモデルの「iPhone 8」、もう2つはそれぞれ4.7インチの「iPhone 7s」と5.5インチの「iPhone 7s Plus」になると言われれている。

このうちの「iPhone 8」については様々な噂が挙がっているが、最新の情報では初代iPhoneのような「Water Drop Design」を採用したデザインになり、iPhone史上初の有機ELディスプレイが搭載されると噂されている。

【追記】これは@OnLeaks氏のエイプリルフールネタ(当記事投稿日は4月1日)だったとのこと。完全に騙されました。ごめんなさい。

確かによく見て見ると…笑

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう