将来的にApple製品はチタン製に?Appleがチタンの加工に関する特許を複数取得

軽くて強度があり、腐食にも強い「チタン合金」がApple製品に使われることになるかも?

AppleはiPhoneMacApple Watchなどにチタン合金を利用する技術の特許を複数取得していたことが明らかになった。特許情報でお馴染みのPatently Appleが伝えている。

将来的に、Apple製品はチタン製に?

米国特許商標庁(USPTO)によると、Appleはチタン合金の表面に酸化可能なコーティングを施し、熱処理を加えることで、表面を灰色や黒色のような暗い色にする特許を取得。

これにより、チタンの特性である「高強度」と「低コスト」を実現しつつ、従来のスペースブラックやブラックのようなカラーの製品を作ることができるという。

また、Appleはチタンの表面の耐久性を強化する特許や、プラスチックと金属を結合した材料で部品を接合する技術の特許も取得。これらの技術により、iPhoneやMac、Apple Watchなどの耐衝撃性や防水性能の強化などが実現できるとのこと。

そもそもチタンは軽い上に耐久性に優れ、腐食や金属アレルギーを起こしにくい素材。Appleは申請した特許を必ず製品に活用するわけではないが、もしこれらの特許を利用した場合、より軽く強い製品を作ることができるようになるだろう。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。