Apple、Samsungに7,000万枚の有機ELディスプレイを発注か

次期iPhoneはやはり有機ELディスプレイを搭載することになるかもしれない!

Nikkei Asian Reviewは、Appleが約7,000万枚の有機ELディスプレイをSamsungに発注したことを報じている。以下、詳細をお伝えしよう。

Appleは7,000万枚ものフレキシブル有機ELディスプレイをSamsungに発注

今回の情報の出処は、iPhoneの設計に詳しいサプライチェーン。情報源によると、Apple7,000万枚もの有機ELディスプレイをSamsungに対して発注。次期iPhoneに搭載させる予定だという。

これについてはIHS MarkitのシニアディレクターDavid Hsieh氏も同様の情報を掴んでいる様子。さらに、SamsungはApple向けに、有機ディスプレイを9,500万枚、2017年内に製造する予定であるとのこと。

ただし、7,000万枚の有機ELディスプレイの全てが出荷されるわけではないようで、需要に応じて出荷数は調整するとのこと。需要が十分でなかった場合は、来年以降に持ち越される可能性もあるとのことだ。

NIKKEI ASIAN REVIEWによると、今年発売のiPhoneはやはり3モデル構成。その中のハイエンドモデルである「iPhone 8」は、わずかに湾曲した5.2インチ有機ELディスプレイが採用され、価格は1,000ドル以上になると言われている。ホームボタンの廃止や顔認証技術のための3Dセンサーが搭載される予定だ。

また、4.7インチと5.5インチの「iPhone 7s / 7s Plus」は既存の液晶ディスプレイが採用されたモデルになると予想されており、これら3つのモデルにはワイヤレス充電機能が搭載されるとのこと。

次期iPhoneに関してはすでに様々な情報が出ておりカオス状態。

先日には、まだAppleは新型iPhoneの最終決定を下していないとの情報も出ていたが、2017年は4月にもなり、そろそろ試作から量産の時期に入る頃。やはり次期iPhoneは有機ELディスプレイやワイヤレス充電機能が搭載され、ホームボタンが廃止されたプレミアムモデルが登場するのだろうか、とても気になる。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。