「iOS 10.3」にiCloud関連の不具合か 無効化していたiCloudサービスが知らないうちに有効化されているケースがあることが判明

iCloud

「iOS 10.3」をインストールした人は、一度自分のiCloudの設定を見直したほうが良さそうだ。

MacRumorsによると、Appleは一部のユーザーに対して、無効化していた「iCloud」の一部サービスが知らないうちに有効化されているケースがあることを警告したとのこと。3月28日に公開された正式版「iOS 10.3」に何らかの不具合があったことが判明している。

iOS 10.3へアップデートした人は再度、iCloudの設定を見直しておこう

Appleからメールで送られた案内文は以下のとおり。案内を受け取った方は、知らないうちにiCloudサービスが有効化されているものがあるかもしれないので、一度自身のアカウントの設定をチェックする必要がある。

We discovered a bug in the recent iOS 10.3 software update that impacted a small number of iCloud users. This may have inadvertently reenabled some iCloud services that you had previously disabled on your device.

We suggest you go to iCloud settings on your iOS device to make sure that only the services you’d like to use are enabled. Learn more about how to manage your iCloud settings or contact AppleCare with any questions.

The iCloud team

(以下、日本語版)
「最近のiOS 10.3ソフトウェアアップデートに、少数のiCloudユーザに影響を与える問題が見つかりました。無効にしていたiCloudサービスの設定が、アップデート後に有効になってしまう可能性があります。

iOS デバイスのiCloud設定にアクセスして、希望されるサービスのみが有効になっていることをご確認ください。

iCloud設定の管理方法についての詳細、またはAppleCareへのお問い合わせはこちらをご参照ください。

この不具合は「iOS 10.3」のみに存在していた不具合で、同バージョンをインストールした人のみに起きる可能性が高い。また、「iOS 10.3」をスキップし、昨日リリースされた「iOS 10.3.1」をインストールした人にはこの不具合は起きていないとのことだ。

警告文は「iOS 10.3」で影響を受けたすべてのユーザーに対して送られているようだが、「iOS 10.3」をインストールした人はこの不具合が起きていないか今一度チェックしてみよう。

ちなみに、iCloudの設定箇所は「iOS 10.3」で変更になっている。

設定するには、「設定」アプリの一番上にある自身のプロフィールを選択し、次に「iCloud」を選択。そうするとiCloudサービスの各項目が表示されるので、あとは自身の設定が正しく保存されているかを確認するだけだ。

有効になっている場合はボタンが緑色に、無効化されている場合はボタンが灰色になる。

▶︎ 9.7インチ「iPad」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう