Apple、充電ポートをUSB-CからMagSafeに変換するアクセサリの特許を取得

12インチ「MacBook」や「MacBook Pro 2016」では、充電ポートのMagSafeが廃止され、新たにUSB-Cで充電する方式に変更が行われた。

これは長らくMagSafeを使ってきたユーザーからは少し寂しさを覚える変更だったが、AppleはMagSafeを完全に廃止するわけではないのかもしれない。

Mashableによると、AppleはUSB-CをMagSafeに変更するアクセサリの特許を取得していたことが明らかになった。

USB-CをMagSafeに変換し、従来のMagSafe充電ケーブルでも充電可能に

MagSafeは、本体と充電ケーブルとを磁石の力でくっつける電源コネクタのことだ。磁石なので簡単に外れるという特性があり、万が一ケーブルに足を引っ掛けてしまっても本体の落下やケーブルの断線を防ぐことができるという面から、ユーザーからは大絶賛されていた。

今回発見された特許は、USB-Cポート部分にMagSafeのコネクタを噛ませることで、このMagSafe電源コードを利用できるようにするというものだ。これにより、12インチ「MacBook」や「MacBook Pro 2016」でもMagSafe電源コードが利用できるようになるという。

このMagSafe電源コードに関しては、12インチ「MacBook」や「MacBook Pro 2016」用のものが新しく発売される可能性があるが、特許の資料に描かれているMagSafe充電ケーブルは従来のものであることから、古いMagSafe充電ケーブルでも使用できるようになるかもしれない

すでにKickstarterで充電ポート部分をMagSafeに変換するアクセサリが登場しているが、もしAppleが純正のアクセサリを発売するのなら、その方が容易かつ安心して購入することができる。

12インチ「MacBook」や「MacBook Pro 2016」を利用しているユーザーの中にはMagSafeを恋しく思っているユーザーもいるはず。僕もMagSafeはかなり気に入っていたので、Appleにはぜひアクセサリを発売してほしいものだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう