Twitter、「夜間モード」のオン・オフを自動で切り替える機能をテストしていることが判明

Twitter公式アプリで「夜間モード」を自動で切り替えれるようになるかもしれない。

Android Policeによると、現在、Android版Twitter公式アプリで「夜間モード」を自動でオン・オフする機能のテストが行われていることが分かった。

夜間モードの設定項目に「自動」が追加

Twitter公式アプリの「夜間モード」は、オンにするとUIが黒ベースになり、暗いところでも画面を見るときに目の負担を軽減できる機能だ。

同機能は設定からオン・オフを切り替えることができるが、現在Android版を利用している一部のユーザーに「夜間モード」を自動化するかどうかを問うポップアップが表示されるようになったとのこと。

このポップアップで「Automatic (自動)」を選択すると、夕方あたりから自動で夜間モードがオンになり、朝方になると自動でオフになるという。

同ポップアップは全ユーザーに表示されるわけではなく、まだテスト中であるものと見られているが、いずれは全ユーザーにリリースされる可能性がある。

「夜間モード」のオン・オフが時間によって勝手に切り替わってしまうと、UIがコロコロ変わって見づらくなってしまうので、正直僕は使わなそうな機能ではあるが、気になった人はリリースされたら試してみても良いかもしれない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。