初代「iPhone」をイメージした「iPhone X」のコンセプトイメージが公開

2017年秋に発売するとされている新型iPhoneの噂の中には、初代iPhoneをオマージュしたプレミアムモデルが登場するというものがある。

そんな端末が実際に登場するかどうかは定かではないが、それをイメージしやすくするためにMartin Hajek氏が美麗なコンセプト画像を制作しているので、詳しく紹介しよう。

初代「iPhone」をオマージュした「iPhone 8」

以下が、COMPUTER BUILDでMartin Hajek氏が公開したコンセプト画像。風貌は「iPhone 7 Plus」にかなり近い形をしているものの、そのデザインはまさに初代iPhone。

初代iPhoneは、シルバーのアルミフレームにプラスチック素材が使用された特徴的なデザインをしていたが、これを「iPhone 7 Plus」にも採用するとこんな感じになるのだろうか。

ちなみに、余談だが初代iPhoneの背面にメタルフレームとプラスチック素材が使用された理由は、Wi-Fiやセルラーの電波をブロックしないようにするため。初代iPhoneの次世代モデル「iPhone 3G」では背面すべてがポリカーボネート製に置き換えられた。

こちらが、「iPhone 8」のフロント部分の画像。ホームボタンがディスプレイの中に埋め込まれ、ほぼ全面がディスプレイ化したベゼルレスモデルになると予想。壁紙に使用されているのは初代iPhoneの発表時に使われた懐かしのクマノミ壁紙だ。

さすがに、このデザインが「iPhone 8」で採用されることはまずありえないとは思うが、もし発売されたら昔からのAppleユーザーにとって”垂涎の一品”になるかもしれない。

[ via Cult of Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。