「Apple Watch Series 3」の出荷は2017年後半か

次期モデルについて、情報がまだまだ少ない「Apple Watch」だが、ここで新たな情報が登場だ。

DigiTimesによると、台湾の電子部品メーカーであるCompal Electronicsが「Apple Watch」のサプライチェーンに加わり、2017年後半から出荷を開始予定であることを伝えている。

「Apple Watch Series 2」の製造の一部をCompal Electronicsが引き継ぎ

現在、「Apple Watch」の製造は台湾のQuanta Computerが単独で請け負っており、2017年後半に発売される新型「Apple Watch」もQuanta Computerが単独で請け負うとされている。

そしてCompal Electronicsが、Quanta Computerの「Apple Watch Series 2」の製造の一部を引き継ぐ形になるとDigiTimeは伝えている。

Compal Electronicsはここ最近、スマートデバイスの製造に必要な機器を重慶の工場に移し、「Apple Watch」を製造する準備を行っているものとみられているが、同社は注文や顧客情報について、コメントを拒否しているとのこと。

ちなみに、新型Apple Watchについては冒頭でも述べた通り、情報がかなり少ない。中にはSIMスロットが搭載されセルラー通信が可能になり、iPhoneなしで使うことができるようになるという噂が出て来ているが、バッテリー持ちなどの問題もあり、その真相は不明。

そのほかにも、従来のTOL(Touch-on-Lens)方式のタッチパネルがG/Fタッチパネル方式に変更され、発売は2017年の7月~9月頃になると噂されている。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 2
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・充電器やスピーカーなど
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう