Apple、Samsungと曲面有機ELディスプレイの供給に関する2年契約を締結か

先日、Appleが約7,000万枚の有機ELディスプレイをSamsungに発注したことが報じられていたが、有機ELディスプレイに関するさらなる情報が飛び込んできた。

DigiTimesは、AppleとSamsungが曲面有機ELディスプレイの供給に関して、2年間の契約を締結したと報じている。

Samsungは次期iPhoneの約30%分に当たる量の有機ELディスプレイをAppleに供給

今回明らかになった契約は、2017年にSamsungが7,000~9,200万枚の小型有機ELディスプレイをAppleに向けて出荷するというものだ。

DigiTimesによると、この量は2017年に出荷される次期iPhoneの約30%に当たるとされている。要は3モデル用意されると噂されている次期iPhoneのうち、プレミアムモデルと呼ばれている「iPhone 8」のみに有機ELディスプレイが搭載されるということだろう。

ちなみに、今回の契約額は90億ドル(約1兆円)規模になるとのこと。

次期iPhoneに関する情報はかなり錯綜しており、現段階ではまだ次期「iPhone」の仕様が確定していないという報道もあるが、最近の動きを見ていると有機ELディスプレイが搭載されそうな気がしてならない。

もし有機ELディスプレイが搭載された場合、iPhoneのディスプレイ表示は格段に美しくなること間違いなし。今後の情報に期待しよう。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。