新型のモジュラー型「Mac Pro」は2019年初頭以降に発売?「iPad Pro」をMacに接続してペンタブのように使うといった別視点での「プロ仕様」も検討中

先日、Appleは新型のモジュラー型「Mac Pro」を2018年以降に発売する予定であることを突然発表したが、もしかすると発売は2019年初頭以降になってしまうかもしれない。

OSNewsの編集長であるThom Holwerda氏は、新型「Mac Pro」の開発はほんの数週間前に始まったばかりであることから、発売は2019年初頭以降になるのではないかと発言している。

新型「Mac Pro」の発売は2019年初頭以降、Appleは「プロ仕様」についての考えを改めている

Holwerda氏によると、新型「Mac Pro」の開発はまだ始まったばかりなので、発売されるとしたら2018年後半〜2019年初頭以降になる可能性が高いのではないかと述べた。

先日の発表では、Appleはプロユーザーに重点を置いた発言が多かったが、これは昨年発表された「MacBook Pro」に対するユーザーの反応が関係しているという。

Holwerda氏によると、Appleは昨年に「MacBook Pro」のTouch Bar搭載モデルを発表した際に、旧型「MacBook Pro」の整備済み製品が大量に売れ、さらに先行レビューが公開された後は、さらにその勢いが強まったことに驚いた。

また、販売が終了した「Thunderbolt Display」の後継製品としてAppleが新たに販売した「LG UltraFine 5Kディスプレイ」には、無線ルーターの近くに置くとフリーズなどの不具合が発生するという致命的な欠陥があったことが判明。これについてはすでに対策が施されているが、プロユーザーの不信感を強めるのに十分な材料となってしまったようだ。

これらを踏まえ、Appleはプロユーザーに対する意識を改めることにしたのだという。現時点では、「MacBook Pro」のTouch Bar非搭載モデルを新たに用意したり、「iPad Pro」をペンタブレットのようにしてMacで使うといった、別視点での「プロ仕様」を追求しているとHolwerda氏は伝えている。

ちなみに、「MacBook Pro」のTouch Bar非搭載モデルはすでに13インチモデルに用意されているものの、同モデルはあくまでも価格が安いエントリーモデルとしての立ち位置でしかない。Holwerda氏が伝えている新たなTouch Bar非搭載モデルというのは、Touch Bar搭載モデルに劣らない性能を持ったモデルである可能性もあるということだ。

今回Holwerda氏が述べたことをまとめると、AppleはMacを利用しているプロユーザーが期待しているものを履き違えていた結果、新型「MacBook Pro」や「LG UltraFine 5Kディスプレイ」で見事に失敗してしまったということになる。

現在開発中であることが明かされた新型「Mac Pro」は、今度こそプロユーザーをがっかりさせることのない仕様になるのだろうか。

AppleはiPhoneに力を入れるあまり、Macユーザーを疎かにしているという批判もあるので、新型「Mac Pro」でプロユーザーからの信頼を回復させたいところだ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう