【レビュー】「PDFelement 6 Pro for Mac」を試す 安価なWindows/Mac対応PDF編集アプリ (PR)

MacでPDFファイルを表示・編集するとき、僕はMacに標準搭載されている「プレビュー」アプリなどを利用している。「プレビュー」アプリはPDFファイルの閲覧はもちろん、テキストや図形を追加するなどのちょっとした編集が可能なので、普通に使う分には特に困ることはない。

ただし、元から書き込まれているテキストを修正することは残念ながら「プレビュー」アプリでは不可能。このような編集をしたい場合は「Adobe Acrobat」などのPDF編集アプリが別途必要になるのだが、この手のアプリは年間ライセンスで提供されていたり、価格が高額であることが多い。

しかし、これらのアプリと同じような機能が使えるのに価格が安く、しかも買い切りのMacアプリが存在する。それが「PDFelement 6 Pro for Mac」だ。

今回、「PDFelement 6 Pro for Mac」の開発元であるWondershareからサンプルを提供していただき、同アプリを使って実際にPDFファイルの編集を行ってみたので、今回はその機能や使用感を紹介していこうと思う。

「PDFelement 6 Pro for Mac」は、他のPDF編集アプリに比べて低価格

PDFelement 6 Pro for Mac」は前述した通り、「Adobe Acrobat」などのPDF編集アプリと同じような機能を持つMacアプリだ。同アプリでできることはかなり多く、全てを紹介することは難しいので、多くのユーザーが使うであろうメジャーな機能をピックアップしてお伝えしよう。

テキストの編集

冒頭でも述べたが、「PDFelement 6 Pro for Mac」はPDFファイル内にすでに書き込まれているテキストを編集することができる

この機能があれば、PDFファイルの誤字・脱字に気づいてしまったときにも、サッと修正して上司に提出することが可能だ。

テキストを編集するには、アプリ上部のメニューバーにある「編集」をクリックすると、編集可能なテキストが四角で囲まれて表示されるので、そこから編集したいテキストをクリックして編集していく。

テキストの編集時には、右側にフォントの種類や大きさ、カラーなどを調整するメニューが表示される。テキストを左寄せ・中央寄せ・右寄せ・両端揃えにすることも可能だ。

テキストの表示方法は「段落モード」と「ラインモード」の2種類が選べる。それぞれ「段落モード」はテキストを段落で認識し、「ラインモード」は1行ずつ認識するようになるので、自分の好きなモードで編集するようにしよう。個人的には見やすくて編集しやすい「ラインモード」がオススメだ。

また、「PDFelement 6 Pro for Mac」では、PCで作成した文書だけでなく、プリンターなどの機器で直接スキャンした文書の検索・編集・フォーマット・サイズ変更ができる「OCR機能」が搭載されている

この機能がかなり便利で、紙ベースの資料をスキャンして簡単に編集することができるようになる。日本ではまだ紙ベースで資料をやりとりしている企業も多いので、企業内で導入すれば作業効率を上げられるかもしれない。

ちなみに、ここまではテキストの編集について詳しく説明してきたが、「PDFelement 6 Pro for Mac」にはページ自体を回転させたり、画像・リンクの挿入、テキストを置き換えるなどの便利機能も揃っている。PDFファイルを編集する上で困ることはほとんどなくなるだろう。

ファイル形式の変換

「PDFelement 6 Pro for Mac」は、PDFファイルを他のファイル形式に変換できるようになっている。PDFファイルで出力したものを画像ファイルに変換したり、Office系のファイルに変換してOfficeアプリで編集したいときに便利な機能だ。

ファイル形式を変換するには、メイン画面にある「PDF変換」をクリックするか、アプリ上部のメニューバーにある「変換」をクリックすることで変換モードに入ることができ、さらに上記の変換したいファイル形式を選択して出力するだけ。非常に簡単なので、操作に困ることはないだろう。

ちなみに、変換可能なファイル形式は以下の通りだ。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • JPG
  • PNG
  • GIF
  • TIFF
  • ePub
  • txt
  • Pages
  • HTML
  • RTF

注釈の挿入

「PDFelement 6 Pro for Mac」は他のPDF編集アプリと同様に、テキストにマーカーを引いたり、吹き出しや矢印で注釈をつけることができる。テキストの形式を壊すことなく修正点を書き込む時に重宝する機能だ。

注釈をつけるにはアプリ上部のメニューバーにある「説明」をクリックすると、マーカーを引いたり注釈を挿入することができるモードに移行する。

注釈の種類はいわゆるマーカーのように線を引くことができる「ハイライト表示」や、吹き出しマークをつけておき、クリックするとポップアップで説明が表示される「ノート注釈」など種類がかなり豊富なので、自分の好きな形式のものを使うようにしよう。線の色や塗りつぶしの色も自由に変更できる。

その他便利機能① フォーム作成機能

「PDFelement 6 Pro for Mac」では、PDFファイルにチェックボックスやラジオボタンなどの「フォーム」を作成することができる。

このフォームはPDFファイル上で簡単に編集することができるので、PDFファイルを渡した相手がPDF編集ソフトを持っていなくても問題なし。アンケートのように、相手に記入してもらってファイルを回収する場合には便利な機能となるだろう。

その他の便利機能② 文書の保護機能

機密情報が書かれたPDFファイルにパスワードをかけて簡単に中身が見れないようにするというのは情報漏洩を防ぐ上では基本中の基本。ただし、閲覧できないようにするだけでは本当にセキュリティー保護は完璧なのだろうか。

「PDFelement 6 Pro for Mac」では編集時・印刷時・コピー時にもパスワードをかけ、PDFファイルを保護することができる。

また、墨消し機能も搭載されているので、相手に見せたくない部分を塗りつぶして情報を知られないようにするということも可能。顧客情報を扱う時には重宝する機能だ。


上記で紹介した機能のうち「テキストの編集」「ファイル形式の変換」が一般的なPDF編集でよく使われる機能だと思うのだが、これらの機能を実際に使う上でいくつか注意点がある。

まず、PDFファイル内のテキストの入力時・編集時に日本語だと入力している文字がリアルタイムで表示されないということ。エンターキーを押して入力を確定させると文字が表示されるのだが、かなを漢字に変換するときに少し使いづらい印象を受けた(アルファベットの場合は問題なし)。

また、ファイル形式を変換すると文書のレイアウトが乱れてしまうという現象が確認できた。PDFファイルの内容によっては綺麗に出力されなかったり、文字が途中で切れてしまったりすることもあるので、うまく変換できるファイルとそうでないものがある。特にPDFファイルの中に表があったりすると表示がずれる原因になってしまうので注意。

以上をまとめると、「PDFelement 6 Pro for Mac」は他のPDF編集アプリと同じような編集機能が使用可能。UIはそれなりに分かりやすく、使い方が分からなくなることはほとんどなかったが、先ほど挙げたような不満点がいくつかあるのは事実だ。

また、現在の「PDFelement 6 Pro for Mac」のバージョンの問題なのか、macOSのバージョンの問題なのかは分からないが、試用中にアプリが何度かクラッシュしていたことも少し気になった。

とはいえ、「PDFelement 6 Pro for Mac」の魅力は何より価格が安いこと。PDF編集アプリは高額なものが多いので、それらと同じような機能が使えて、買い切りで9,980円はそこそこお得だ

もしあなたがそこまで高度な機能を必要としないなら、スタンダード版という5,980円の格安版もリリースされているので、そちらもチェックしていただければと思う。スタンダード版とPro版の違いはこちらを参考にしてほしい。

バグ修正や安定性の向上は今後のアップデートに期待するとして、価格重視でPDF編集アプリを選ぶなら「PDFelement 6 Pro for Mac」を使ってみてはいかがだろうか。

ちなみに、今回スクリーンショットに利用させていただいたPDFファイルは、「PDFelement 6 Pro for Mac」の公式サイト上で公開されているテンプレートになる。このほかにも様々なファイルが公開されているので、利用したい人はこちらからダウンロードしていただければと思う。

「PDFelement 6 Pro for Mac」の体験版のダウンロードや製品版の購入は公式サイトからどうぞ。

※ちなみに、体験版のダウンロードは「Safari バージョン10.1 (12603.1.30.0.34)」ではブラウザがクラッシュしてしまい、ダウンロードできなかったので、その場合は「Google Chrome」を利用してダウンロードしていただければと思う。

ちなみに、今回の記事とはあまり関係ないが、4月25日(木)〜27日(土)の3日間、WondershareがリリースしているiOSアプリPDFelement for iOS」が無料になるキャンペーンが開催されるとのことなので、気になった人はこちらのキャンペーンページをチェックしよう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。