「MacBook Pro 2016」のポッピング音の発生を報告するユーザーが増えている模様 主に15インチモデルで発生

Appleが昨年発売した新型MacBook Proの「MacBook Pro 2016」は、発売時から多くの問題を抱えており、ユーザーの頭を悩ませてきた。

発売以降、Appleは真摯に問題に対応してきたため、その問題のほとんどは解決済み。最近ではほとんど悪評を聞くことはなかったのだが、どうやら再び新たな問題が発生してきているようだ。

9to5Macによると、一部の「MacBook Pro 2016」を使うユーザーの中に、ポッピング音が発生すると報告するケースが多くなっていることが判明している(Apple Support Communities / MacRumors)。

MacBook Pro 2016のヒンジ部分に問題?

この問題は、「MacBook Pro 2016」を使っていると謎のノイズ(ポッピング音)が聞こえるというもの。時にはクリックしたような音やペットボトルを握りしめた時のような音が聞こえたという。この問題は主に15インチモデルで発生しており、主に動画を編集したり、ゲームをプレイしている時に発生したとのこと。

genius-bar20152

まだ原因は特定できていないようだが、一部ユーザーからは「MacBook Pro 2016」のヒンジ部分に問題があるのではないかと指摘されている。「MacBook Pro 2016」が発する熱がヒンジ部分の接着剤やプラスチックの強度を弱めたせいで、それを支える部分に不具合が出ているのではないかと推測されているようだ。

I think the problem is actually from the hinges, as there is some natural flexing in the aluminum back of the display. I think the heat has affected the glue or some plastic mount in the display assembly.

中には、実際にディスプレイを下に押すようにしてヒンジ部分に圧力をかけたところ、同様の不具合を再現することができたというユーザーも。また、一部ユーザーは、「MacBook Pro 2016」のロジックボードなど内部のパーツを交換してもらったとのことだが、問題は解決しなかったと伝えている。さらに本体の凹みが原因で起きていたケースもあり、130ドル支払い修理してもらったというケースも報告されている。

I took my laptop in to the genius bar for this popping noise. They said it is caused by this small dent on the bottom casing hitting the fan. They told me I had to replace the entire bottom casing for $130. Not covered under warranty because it’s user inflicted damage / a wearable part.

まだ確実な原因が明らかになっていないが、「MacBook Pro 2016」の一部の端末には謎の不具合が発生している様子。

僕の「MacBook Pro」では同様の不具合が起きていないのでなんとも言えないが、もしこのような不具合に遭遇したことがあるようだったら、一度、Appleにコンタクトをとってみてもいいかもしれない。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。