「iPhone 8」の図面がFoxconnから流出? 「Touch ID」が本体背面に移動か

iPhone 8」は、全面ディスプレイの採用のため、「Touch ID」が本体の背面に移動かーー。

9to5Macによると、「iPhone 8」の図面と思われる画像が中国のSNS”Weibo”で公開されているとのこと。以下で詳細をお伝えする。

「Touch ID」が本体の背面に移動

今回公開された画像はこちら。中国のWeiboで公開されたもので、「iPhone 8」のデザインと本体サイズが明らかになっている。

本体デザインは従来のものとそれなりに似ているものの、ホームボタンが廃止され画面が大型化、デュアルレンズカメラが縦並びになっていること、そして指紋認証機能の「Touch ID」が本体背面に移動していることがわかる。

端末サイズは縦149.501mm・横72.497mm・厚さ8.624mmで、現行モデルの「iPhone 7」や「iPhone 7 Plus」のちょうど間くらい、厚さは1mm程度厚いサイズ感になるようだ。

(参考)
iPhone 7:縦138.3mm・横67.1mm・厚さ7.1mm
iPhone 7 Plus:縦158.2mm・横77.9mm・厚さ7.3mm

画像右上に「EVT3」と書かれていることから、同端末はまだ技術的な確認テストの段階にあるということになり、今年発売になる「iPhone 8」が実際にこのデザインになるかどうかは不明。そもそも画像が本物である保証もない。

しかし、この画像が本物で、しかもテストを通過し本採用された場合、「iPhone 8」は上記のデザインに落ち着く可能性がある。

美しいはずのiPhoneの背面に「Touch ID」用の丸いセンサーが搭載されるというのは罪深いことだと個人的には感じているが、一部報道では、「iPhone 8」はTouch IDを画面に内蔵することが難しく、開発・製造が遅れているとの情報もある。

報道によれば、上記の問題のおかげで「iPhone 8」は例年の9月ではなく、10~11月まで発売が遅れるとのこと。

もしAppleがこの問題を解決できない場合、背面に「Touch ID」を埋め込むという選択肢も浮上してくるが、10周年を記念するプレミアムモデルの背面に丸いセンサーが搭載されることだけは避けたい。

僕らができることといえば、Appleがどうにかして「Touch ID」をディスプレイ内に内蔵できるように祈ることだけだ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう