ニンテンドースイッチ、3月の米国内での販売台数は90万6,000台 「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は92万本以上

発売から1ヶ月以上が経過した、任天堂の新型ハード「ニンテンドースイッチ」。やはり、米国内で爆売れしていたことが判明した。

Game Revolutionによると、2017年3月度の「ニンテンドースイッチ」の販売台数は90万6,000台だったことが判明。しかもゼルダシリーズの新作ゲーム「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は92万5,000本も売り上げたとのこと。なぜか本体よりもゲームソフトの方が売れているという事実。プレイ用と保存用かな?

また、NPD Groupの調査結果では発売初週で50万台以上が売れたことも明らかになっている。発売がホリデーシーズンでもなかったにも関わらず、これだけの数が売れたのはまさに驚異的。

これについて米任天堂は、「任天堂の歴史の中で最速で販売されたビデオゲームシステム」であると述べており、過去に大ヒットしたWiiをも超える勢いであることを強調。事実、日本でも品薄が起きているほどの人気ぶりで、ユーザーの手元に行き渡るにはまだ時間がかかることが予想されている。

昨日の「ニンテンドーダイレクト」では、ニンテンドースイッチ向けのコンテンツも数多く紹介され話題になった。今後は「スプラトゥーン2」や「マリオカート8 (スイッチ版)」、「スーパーマリオ オデッセイ」などのビッグタイトルがリリースされる予定で、さらに販売台数が増えるだろう。

これだけ販売台数が伸びているなら、ソフトの方も充実させて欲しいところ。個人的には、さらなるビッグタイトルの発表に期待したい。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 6
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
任天堂 (2017-03-03)
売り上げランキング: 10
マリオカート8 デラックス
任天堂 (2017-04-28)
売り上げランキング: 4

[ via GameSpark ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。