「iPhone 8」のベゼルはわずか4mmになり、「Touch ID」や内向きカメラがディスプレイに内蔵される可能性も

昨日、中国のWeiboで「iPhone 8」の図面と思われる画像がリークされていたことをお伝えしたが、この図面は2種類あるプロトタイプのうちの片方だった可能性が浮上している。

iDropNewsがFoxconnからの内部情報を元に作成したレポートによると、Appleは「iPhone 8」の2種類のプロトタイプのテストを行っていることが判明した。9to5Macが報じている。

「Touch ID」と内向きカメラがディスプレイに内蔵される?

現在、Appleは「Touch ID」の位置が異なる2種類のプロトタイプのテストを行っている。

このプロトタイプのうち、ひとつ目は「Touch ID」を本体背面に搭載したもの。まさに昨日、中国のWeiboで公開されたリーク画像のようなイメージだ。

そして、ふたつ目のプロトタイプは、ディスプレイ内部に「Touch ID」を内蔵したものだという。

iDropNewsのレポートでは、「iPhone 8」のデザインについても言及されている。ディスプレイは「iPhone 7」と同じ5.8インチで、有機ELディスプレイが採用。ベゼルはわずか4mmになるとしている。

さらに、ディスプレイ端が微妙に湾曲する「2.5Dラウンドエッジ加工」のディスプレイ(「iPhone 6s」「iPhone 7」シリーズでも採用)になる。

デュアルレンズカメラが縦並びになり、内向きカメラがディスプレイ内部に設置。電源ボタンはこれまでのものよりも大きくなり、(理由は不明だが)押せる部分が2箇所になるとのこと。

今回のレポートでは様々な情報が明らかになったが、気になるのは「Touch ID」の位置。一部の報道では「Touch ID」をディスプレイに内蔵する案が難航しており、開発・製造が遅れているとの噂もある。

Appleは2つのプロトタイプのうち、どちらを採用するか悩んでいる。もし「Touch ID」をディスプレイに内蔵できなかった場合、「Touch ID」が背面に移動してしまう可能性もある。iPhoneの美しい背面に丸いセンサーが鎮座するのだけは遠慮願いたいものだ。

ちなみに、iDropNewsではこのほかにも様々なイメージ画像が公開されている。気になる人はこちらからどうぞ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう