「iPhone 8」のレンダリング画像がリーク? 全面ディスプレイと極狭ベゼルが特徴的

そろそろ次期iPhoneのリーク情報が増えてくるはず。そんなことを考えていた矢先に、早速中国から「iPhone 8」のリーク情報が到着した。

中国WeiboとTwitterで、「iPhone 8」のものと思われるレンダリング画像が公開されているので、画像付きで紹介させていただこうと思う。

「iPhone 8」のレンダリング画像が公開??

このレンダリング画像を公開したのは、以前に正確なリーク情報を提供したことのあるKK低调氏。レンダリング画像を見る限り、「iPhone 8」は4辺のベゼルが極狭になることで、フロント部分のほぼ全面がタッチスクリーンになっていることが確認できる。

端末サイズは縦137.54mm・横67.54mmと「iPhone 7」とほぼ同じサイズ感になっているとのこと(「iPhone 7」は138.3mm×67.1mm)だが、ベゼル幅がわずか4mmと極狭になったことからディスプレイサイズが約5.8インチ(正確には5.768インチ)まで大型化。ディスプレイ部分には従来のiPhoneでも採用されている”2.5Dガラス”を採用するとのこと。

フロント部分の上部には、事前の情報通り立体認識ができる3Dセンサーが2基搭載され、環境光センサーや近接センサーなど各コンポーネントが搭載される予定。また、背面についてはデュアルレンズカメラが横並びから縦並びに変更、LEDフラッシュがカメラ間に配置されるものの、それ以外に大きな変更はない模様。

「iPhone 8」に関しては、Appleは2つのプロトタイプをテストしていると報じられている。ひとつは「Touch ID」がディスプレイに内蔵されたもので、もうひとつは背面に「Touch ID」が搭載されたもの。

このレンダリング画像は「Touch ID」がディスプレイ内部に仕込まれたもので、ユーザーはディスプレイ下をタッチすることで指紋を認証できるようになることが予想される。先日、iDropNewsが公開していたコンセプトデザインに非常に近いデザインだ。

今回公開されたレンダリング画像は一体どこから入手してきたものなのか、リーク者であるKK低调氏は明らかにしていないため、信ぴょう性は正直低い。ただ、ここ最近のリーク情報を照らし合わせると、上記のレンダリングに近い端末が登場しても不思議ではない。

アナリストの間では「Touch ID」をディスプレイに内蔵することが最も難しいと分析されている中、Appleは無事に「iPhone 8」を今年秋までに完成させることができるのだろうか。注目だ。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。