Amazon、生鮮食品を即日配送する「Amazon Fresh」を今月21日から日本でも提供開始へ

「Amazon Fresh」がいよいよ日本に上陸!今月21日から同サービスを利用できるようになることが判明した。

SankeiBizの報道によると、Amazon.co.jpは生鮮食品の即日配送サービス「Amazon Fresh」を日本国内でも提供間近であるとのこと。

Amazon Fresh、今月21日からサービス開始か

「Amazon Fresh」はサービスに加入したユーザーに対して、生鮮食品を即日もしくは翌日に、自宅にお届けするサービス。

取り扱う品目は主に野菜や肉、魚などの生鮮食品。日持ちしない食品を自宅にいながら即日で手に入れられるため、必要になった時に頼んでおけば早ければ数時間後には調理を開始できるといった具合だ。

同サービスはすでに米国やイギリスなどで提供されており、順次サービス提供国を増やすことが発表されていたがようやく日本でもサービスイン。

SankeiBizによると、国内でのサービス提供は4月21日(金)から。元々はもっと早い時期に提供開始を宣言するはずだったようだが、システムトラブルや昨今の即日配送サービスに対する問題が噴出した関係で交渉が長引いた影響があったとのこと。

Amazon Freshを利用するには同サービスの会員費を毎月もしくは年額で支払う必要がある(Prime会員との兼ね合いは不明)。日本国内での料金体系はまだ明らかにされていないが、参考までにアメリカでの月額利用料は14.99ドル(1,600円程度)。別途、配達料金も徴収されるが注文金額が一定以上だと配達無料になるとのことだ。

同じAmazonでも日本とアメリカでは料金体系が大きく異なるので、日本ではもっと安く利用できる可能性もあるが、詳細はAmazonからの正式発表を待つしかなさそうだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう