「iPhone 8」はステンレススチール製の板がガラスに挟まれる「iPhone 4」のようなデザインに「Touch ID」がディスプレイに内蔵できるかは現時点では不明

本日朝、次期iPhoneのプレミアムモデルの開発段階がEVT(Engineer verification test)段階から、次の段階であるDVT(Design verification test)に移行したという情報がMacお宝鑑定団Blogからもたらされた。

この情報によると、次期iPhoneのプレミアムモデルは前面と背面に2.5Dエッジ仕様の強化ガラス板が採用され、それらでステンレススチール製のフレームを挟み込んだようなデザインになる。

また、ディスプレイには有機ELディスプレイが採用。FaceTimeカメラなどのコンポーネントは液晶内に統合されるが、「Touch ID」がディスプレイ内に内蔵されるかどうかは現時点では不明という情報もあったが、これらの情報の信ぴょう性がさらに増すような情報が先ほど入ってきたので詳しくお伝えしよう。

端末サイズは「iPhone 7」と同じサイズだが、ディスプレイサイズは「iPhone 7 Plus」よりも大きく

Bloombergは、次期iPhoneのうちのプレミアムモデルである「iPhone 8」の筐体には、カーブがかったガラスとステンレススチールが用いられ、有機ELディスプレイが採用されると報じている。これは、本日未明にMacお宝鑑定団Blogが報じたものとほぼ同じような内容になっている。

「iPhone 8」は有機ELディスプレイが採用され、ディスプレイがデバイスのほぼ全面をカバーするベゼルレスデザインに。本体の大きさは「iPhone 7」と同じくらいになるが、ディスプレイサイズは「iPhone 7 Plus」の5.5インチサイズよりもわずかに大きくなるという。下位モデルの「iPhone 7s / 7s Plus」に関してはこれまでと同様、液晶ディスプレイが採用されるとのこと。

また、Bloombergは「iPhone 8」のデザインについても言及。最新のプロトタイプでは両面に曲面ガラスが採用され、その間にステンレススチールの板を挟むデザインになる。イメージとしては「iPhone 4」のようなデザインに。

「iPhone 8」の本体には初代iPhoneのような丸みを帯びたデザインが採用されるとのことだが、サプライヤーはこの丸みを帯びたガラスの生産に問題を抱えているため、初代iPhoneよりは緩やかな曲線になることが予想されるとのこと。つまり「iPhone 7」から引き続き2.5Dガラスが使用される可能性もあるということだ。

ちなみに、現時点でのプロトタイプの本体はガラス製だが、もし大量生産が不可能だとAppleが判断した場合、アルミニウムの背面が採用されることになるとも、Bloombergは伝えている。

背面のデュアルレンズカメラは縦並びになり、FaceTimeカメラはディスプレイ内に埋め込むことが検討されているようだ。こちらの情報もほぼMacお宝鑑定団Blogが報じていたことと同じだ。

そして、気になる「Touch ID」について。Appleはディスプレイ内に「Touch ID」を内蔵する路線でテストを行っているとのことだが、最終的にどうなるかは不明だとしている。

Appleが最も苦戦していると噂されている「Touch ID」がディスプレイに問題なく内蔵できるかどうかはまだ分からない。「Touch ID」がなくなるのはあまりに衝撃的なことなので、Appleにはどうにか頑張って問題を解決してほしいところだ。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう