Apple、「AirPods」などの製品をテストするために「人工の汗」を毎日製造していることが明らかに

Apple製品の知られざる耐久テストがTwitterで大公開!

Cult of Macによると、米メディアのViceのジャーナリストであるArielle Duhaime-Ross氏が、Apple本社で行われている驚きの研究開発の様子をTwitterに投稿している

製品の耐久テストのために「人工の汗」を自前で製造

Twitterに投稿された写真を見ると、何やら怪しい液体に入れられた「AirPods」と「Apple Watch」が写っている。同氏によると、実はこの液体はAppleが自前で製造した「人工の汗」であるとのこと。

Apple曰く、「AirPods」や「Apple Watch」は長時間人の肌に接触し続ける製品であるため、製品が汗と接することによって有毒な物質が発生したり、色が変化することがないようにしなければならないのだとか。

こういったテストをしっかり行っているからこそ、Apple製品は長時間快適に使うことができるのかもしれない。

「人工の汗」によるテストは他の企業でも行われており、それらの企業向けに「人工の汗」を製造している企業も存在するのだが、わざわざ自前で「人工の汗」を作ってしまうあたり、さすがはAppleだと言わざるを得ない。今回の情報でAppleの知られざる秘密がまた1つ明らかになった。

ちなみに、Appleはこの「人工の汗」を毎日0.5ガロン(約1.9リットル)製造していることも判明しているようだ。

Apple公式サイトで「AirPods」をチェック!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。