Apple、次期「Apple Watch」や「iPhone」用にmicro LEDディスプレイを独自開発?来年には量産される可能性もあり

今秋に発売される予定の「iPhone 8」では、iPhone史上初めて有機ELディスプレイが採用され、より一層ディスプレイの表示が美しくなることが予想されている。

しかし、Appleは有機ELディスプレイにとどまらず、さらなる次世代ディスプレイの開発を進めているようだ。

Business Koreaによると、Appleは次期「Apple Watch」や「iPhone」用にmicro LEDディスプレイの開発を行っており、来年には量産が開始される可能性があるとのこと。

micro LEDディスプレイを将来的には「Apple Watch」や「iPhone」に搭載?

micro LEDディスプレイとは、有機ELディスプレイに続く次世代ディスプレイのことだ。同ディスプレイは有機ELディスプレイよりも薄くて軽いにも関わらず、表示が明るく、消費電力が少ない。また低コストであることから、量産にも適していると言われている。

Appleは2014年にmicro LEDディスプレイ関連の技術を有する米LuxVue Technologyを買収。買収以降、micro LEDディスプレイの独自開発と大量生産の準備を進めていたようだ。

Business Koreaが言うには、来年には台湾の桃園でmicro LEDディスプレイの本格的な量産が開始され、次期「Apple Watch」や「iPhone」への搭載が検討されているとのこと。

もしAppleがmicro LEDディスプレイの独自開発を行った場合、Appleに有機ELディスプレイを提供しているLGやSamsungが大損害を被ることになる。

というのも、仮に「Apple Watch」のディスプレイにmicro LEDディスプレイが採用された場合、「Apple Watch」の有機ELディスプレイを独占提供しているLGの売上高は2,300億ウォン(約220億円)以上減少することに。

さらに「iPhone」にもmicro LEDディスプレイが採用された場合、今年から有機ELディスプレイを提供するSamsungは1兆2,200億ウォン(約1,150億円)もの売上高が減少することになるそうだ。

最近、Appleは「iPhone」などの製品に使用する部品の独自開発に重きを置いており、Imagination TechnologyDialogに部品の利用停止を通知したと噂されている。

もしAppleが自社での部品の製造に乗り出した場合、これまでAppleのサプライヤーとして利益を獲得していた企業は苦しい状況に追い込まれそうだ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 2
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・充電器やスピーカーなど

[ via iDownloadBlog ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。