Apple、自動運転車のテストスタッフをトレーニングするためのマニュアルを作成していることが判明

apple-car-concept5

Appleは今月15日に、カリフォルニア州の車両管理局から、公道で自動運転車をテストする認可を取得。実際に公道で自動運転車を走らせながら走行データを取得することが可能になった。

Appleは実際にテスト車を走らせる段階にきている。当然、テストをするにあたって自動運転車を扱う従業員に対してトレーニング実施する必要があるわけだが、BusinessInsiderによると、これらのトレーニング用マニュアルが発見されたとのこと。

Apple、従業員のトレーニング用にマニュアルを作成していたことが判明

今回発見されたトレーニング用マニュアルには、「Apple Automated System」と呼ばれる自律走行のためのシステムの詳細に加えて、「開発プラットフォーム固有のトレーニング」が記載されているという。このうち、メインとなる訓練の説明部分には自動運転車を手動で制御するための方法も書かれているのだとか。

Appleの自動運転車のテストドライバーは7つのテストをパスする必要があり、2回のテスト走行と3回の試験を経たのちに、Uターン時の車両の制御や急加速・急停止などの動作をカバーするテストに合格しなければならないとのこと。

Appleが自動運転車の開発をしていると噂され始めてからしばらく経つが、そろそろAppleはテスト車を走らせ、本格的に生産を始める準備を進めているようだ。

ちなみに、Appleはカリフォルニア州の車両管理局に対して、Lexus RX450h SUVを三台と運転手6人でテストすることを申請。この6人のドライバーは、BoschやTeslaで働いていた機械学習の専門家達だ。

AppleのCarPlay

Appleの自動運転車プログラムは「Titan (タイタン)」と呼ばれ、すでに多数の人員が割かれた大規模プロジェクトに発展。一部ではあらゆる問題が噴出したことにより計画が頓挫したといわれていたが、水面下では着実に開発が進められていたことが判明。

冒頭でも述べた通り、すでに公道でテストする段階にまで到達しようとしている状態だが、まだAppleが独自の車を開発する予定なのか、それともAppleはソフトウェアのみを担当し、他の自動車メーカーとチームを組んで自動運転車を開発するつもりなのかについては分かっていない。

ちなみにBusinessInsiderは今回の報道に関して、いつものようにAppleに対してコメントを求めたが、Appleはいつものようにコメントすることを拒否したとのことだ。

[ via MacRumors ]

apple-car-concept5
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。