「iPhone 8」のダミーユニットらしきものを撮影した写真が公開 「Touch ID」が背面に搭載せずディスプレイ内蔵?

先日から、「iPhone 8」の図面やらレンダリング画像が各方面からリークされており、徐々に「iPhone 8」の情報が明らかになってきている状況だが、今度はダミーユニットを撮影したと思われる写真が公開されている。

Benjamin Geskin氏(@VenyaGeskin1)が、Twitter上で「iPhone 8」のダミーユニットと思わしきものを撮影した写真を公開しているので、紹介しておこう。

ホームボタンが廃止され、「Touch ID」はディスプレイ埋め込み式に?

こちらが今回公開された写真。「iPhone 8」のダミーユニットの背面を撮影したものと思われるが、背面左上にはデュアルレンズカメラが縦に並べられており、従来モデルから若干のデザイン変更が加えられているのが確認できる。

また、噂通りホームボタンが廃止され前面はかなりスッキリしたデザインに。側面には今まで通り「電源/スリープボタン」が配置されているようだが、従来モデルよりも若干長めに作られているなど細かい変更点があることが見て取れる。やはり、Appleは全面ディスプレイを採用したベゼルレス型iPhoneを作っているのだろうか。

ただ、気になるのは背面に「Touch ID」が搭載されていないということ。

Appleは現在、複数種類のプロトタイプを作成しており、そのひとつはディスプレイ内部に「Touch ID」を搭載したモデル、そしてもうひとつは背面に「Touch ID」を搭載したモデルの2種類が作っていると言われている。

これは、Appleは「Touch ID」をディスプレイに内蔵することに製造面で苦戦しているから。もし実現できなかった場合は端末背面に「Touch ID」が搭載されるとまで言われている。

しかし、今回の写真を見ると「Touch ID」は背面に搭載されていない。もしかすると、Appleは「Touch ID」をディスプレイ内部に搭載することに決めたのだろうか。

もちろん、このダミーユニットが最終的なデザインを採用したものである確証はないため、「iPhone 8」が実際にこのようなデザインになるかどうかはまだ分かっていない。そもそも、現在作成されている複数のプロトタイプの中のひとつかもしれないわけだが、この画像を見て言えることはホームボタンのないiPhoneはかなりクールだし、やはり背面に「Touch ID」を載せてはいけないということ。

ちなみに、Geskin氏はTwitter上で「iPhone 8」の背面を描いた図面も公開している。一応、こちらも本物かどうかは不明だ。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。