今年発売のiPhoneは3モデルではなく全2モデル?どちらのモデルにもデュアルレンズカメラが搭載?

今年発売される「iPhone」は、有機ELディスプレイを搭載したハイエンドモデルの「iPhone 8 (iPhone Edition)」と、これまでと同じ液晶ディスプレイを搭載した「iPhone 7」シリーズのアップグレードモデル「iPhone 7s / 7s Plus」の3モデル体制になると噂されている。

しかし、これまでの噂に反して「iPhone 7s」シリーズは発売されないという新しい情報が登場しているのでご紹介しよう。

M.I.C. Gadgetは、今年は「iPhone 7s」シリーズは発売されず、代わりに新技術を搭載した2種類のiPhoneが発売されると伝えている。

「iPhone 7s」シリーズは販売されず、デュアルレンズカメラやワイヤレス充電機能が搭載された2種類の「iPhone」が登場?

Foxconnの内部関係者からの情報では、2017年に発売するiPhoneは全部で2種類。

今までは「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」という二つの順当なアップグレード端末の他に、「iPhone 8」というプレミアムモデルが登場すると噂されてきたが、実は2モデル体制でいわゆる「プレミアムモデル」が存在しないことに。

要はこれまで「iPhone 8」として噂されてきた端末と同程度の性能を持った端末が、サイズ違いで2種類登場するということだろうか。

発売される2モデルの端末はどちらもデュアルレンズカメラが搭載されるが、今回の情報では有機ELディスプレイが搭載されるかは不明だという。ただ、最近の情報ではAppleがiPhone向けに大量の有機ELディスプレイを発注していることが明らかになっており、おそらくだが同ディスプレイが搭載されるものと思われる。

また、その他にもワイヤレス充電や虹彩認証、顔認識技術など以前から噂されているもののほとんどは搭載される予定。開発が難航していると噂の「Touch ID」もディスプレイ内部に搭載されるとのことだ。

今回の情報が正しいのであれば、今年は「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」といった具合に、新技術をふんだんに詰め込んだサイズ違いのiPhoneが2種類登場することになる。

しかし、最近のM.I.C. Gadgetがもたらす情報は精度が低く、他のメディアからも同じような情報が出てきていないため、今回の情報の信ぴょう性は低いものと思われる。今回の情報については、話半分に留めておいたほうがいいだろう。

[ via Cult of Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう