「iPhone 8」の新たなダミーユニットを撮影した写真が公開 「Touch ID」が背面に

「iPhone 8」は「Touch ID」をディスプレイに内蔵する工程が難航しており、もしかすると「Touch ID」が背面に移動することになるかもしれないと噂されている。

すでに「Touch ID」が背面に移動になった「iPhone 8」の図面3Dレンダリング画像が公開されているが、同じように「Touch ID」が背面に移動した「iPhone 8」のダミーユニットを撮影したと思われる写真が公開されているのでご紹介しよう。

「Touch ID」が背面に移動になり、サイズは4.7インチと5.5インチの中間

今回公開された写真には、「iPhone 6s」と「iPhone 7 Plus」に挟まれる形で「iPhone 8」のダミーユニットが写っている。

画像を見ていただければ一目瞭然なのだが、「iPhone 8」のダミーユニットの大きさは4.7インチの「iPhone 6」よりも大きく、5.5インチの「iPhone 7 Plus」よりも小さい。さらに、少し見づらいが背面には「Touch ID」用と思わしき穴が空けられている様子が見受けられる

また、もう1枚公開されている写真では「iPhone 8」のダミーユニットにぴったり合うケースが写り込んでいる。

今回のダミーユニットは、Appleの正式案を反映させたものかどうかは分からないが、1つだけ確実に言えることがある。それは「Touch ID」が背面にあるのはやはり不恰好でナンセンスだということだ。

「iPhone 8」は発売が遅れるという情報もかなり多くなってきているが、個人的には少しくらい発売が遅れても構わない。その代わり「Touch ID」だけはどうにかディスプレイ内蔵型にしてほしいと思っている。

[ via MacGeneration ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。