「iPhone 8」の新しいコンセプト動画が公開 ベゼルレスデザインになり、「Touch ID」や内向きカメラがディスプレイに内蔵

先日から「iPhone 8」関連のリークが相次いでいるが、内容は発売が10月下旬~11月以降にずれ込むという話や、Appleが「Touch ID」をディスプレイに内蔵する工程で苦戦しているという暗い情報ばかり。

ユーザーに新型端末の登場を大いに期待させるべく明るい情報も欲しいところだが、このタイミングでConceptsiPhoneが新しいコンセプト動画を公開。これまでの暗いリーク情報を吹き飛ばしてくれるような美しい仕上がりになっているのでご紹介しよう。

ベゼルレスデザインが採用され、「Touch ID」や内向きカメラはディスプレイ内に内蔵

公開されたコンセプト動画は、デザイナーのThiago M Duarte氏とRan Avni氏が作成したもので、これまで公開されてきたコンセプトの中でもかなりクールな仕上がりになっている。早速、細部を確認していこう。

まず、背面には「iPhone 7 Plus」でも採用されたデュアルレンズカメラが搭載。最近の噂ではデュアルレンズカメラが縦並びになるという情報があったが、今回のコンセプトでは「iPhone 7 Plus」と同様の横並びだ。

ディスプレイの周りのベゼルはかなり狭くなっており、前面のほとんどがディスプレイに。その関係で内向きカメラはディスプレイ内蔵型になっているようだ。

そして、本体下部はもちろんだが、本体上部にもスピーカーグリルが搭載。「iPhone 7」シリーズでは端末上下にスピーカーが2基搭載されているが、「iPhone 8」では「iPad Pro」のように4基に増えるのだとか。

ホームボタンは廃止され、「Touch ID」は無事ディスプレイ内蔵型に。最近は「Touch ID」が背面側に移動するという噂が多くなっているが、やはり「Touch ID」は正面にあるべきだと改めて感じさせてくれる。

今回のコンセプト動画ではかなりクールなデザインの「iPhone 8」が描かれており、実際にこんな「iPhone 8」が登場したら僕だったら即買いレベル。

ベゼルレスデザインが採用されるにあたって、「Touch ID」や内向きカメラの扱いがどうなるのかは気になるところだが、今回のコンセプト動画のような「iPhone 8」が登場することを願っておきたいところだ。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう