ソフトバンクとKDDI、大容量プラン向けのテザリングオプション無料キャンペーンを延長

ソフトバンク・KDDIの大容量プランを利用しているユーザーのうち、テザリングオプション無料キャンペーンを利用している人は必ずチェックしておこう。

ソフトバンクとKDDIは今月末で終了予定だったテザリングオプション無料キャンペーンの延長を発表している。

ソフトバンクは2017年7月まで、KDDIは2018年3月まで延長

昨年からソフトバンクとKDDIは、大容量データ定額プラン向けにテザリングオプション無料キャンペーンを実施しており、両社のキャンペーンは今年4月末で終了することが決まっていた。

しかし、昨日ソフトバンクがキャンペーン期間の延長を発表。それに続く形で本日KDDIもキャンペーン期間を延長することを発表している。

今回の延長により、ソフトバンクが2017年7月31日、KDDIが2018年3月31日までテザリングオプションを無料で利用できる(すでに契約済もしくは新規契約・機種変更を行ったユーザーのみ)。

同キャンペーンが利用できるプランは以下の通り。

ソフトバンク
・データ定額 20GB/30GB(ギガモンスター)
・家族データシェア 50GB/100GB

KDDI
・データ定額20
・データ定額30
・U18データ定額20

また、ソフトバンクは同時にテザリングの月額使用料を改定。7月31日までは月額1,000円がかかっていたところ、2017年8月以降は月額500円に引き下げる方針とのこと。両社のプレスリリースについてはこちら( ソフトバンク / KDDI )から確認してほしい。

ちなみに、現在NTTドコモもテザリングオプション無料キャンペーンを実施中で、こちらの終了日は2018年3月末となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。