Google、次期「Chrome 59」ではPNGアニメーションの「APNG」形式をフルサポートへ

google-chrome-download-offline-installer

先日、Googleは「Google Chrome」に広告ブロッカー機能を標準搭載することを計画しているとお伝えしたばかりだが、さらに新機能が搭載されるようだ。

オープンソースブラウザ「Chromium」のWEBサイト内にあるバグレポートのコメントによると、Googleは次期「Chrome 59」でPNGアニメーションの「APNG」形式のサポートを行う予定であることが判明した。

「Chrome 59」で「APNG」形式がサポート

今回話題になっている「APNG」とは、GIFに変わる新しいアニメーション形式のことだ。

APNGはGIFと違ってフレーム内でフルカラーの画像が利用でき、さらにアルファチャンネルがサポートされるので背景に溶け込むような自然な表現が可能。GIFで気になっていたジャギー感もAPNGではほとんどなくなり、画像の輪郭を滑らかにすることができる。

今回の情報によると、このAPNGが「Chrome 59」でサポートされ、今後はChromeでもAPNG形式のアニメーションを見ることができるようになるとのこと。

APNGはGIFよりも画質が良く、表示も美しいため、今後はWeb上のスタンダードになっていくことが予想される。まだサポートしているブラウザはそこまで多くないので、Chromeが対応してくれることでより多くのユーザーがAPNG形式のアニメーションを見ることができるようになると思われる。

ちなみに、iOS / macOSのSafariではすでにAPNG形式がサポートされている。

[ via 9to5Google ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。