AppleのAmazon Echoライクな製品 今年の「WWDC」で発表か

先日、Appleは「Amazon Echo (Alexa)」や「Google Home」に対抗するための新しい端末を開発中で、すでにデザインは完成したと伝えられていた。

製品デザインが終了したということは、あとは量産を待つだけ。年内には発表されることが期待されているが、その時期は今年の「WWDC」になるのかもしれない。

早ければ「WWDC 2017」で発表予定?

この情報を伝えていたSonny Dickson氏は、先日の情報に加えて続報を投下。MashableのJen Ryall氏が伝えている。Sonny Dickson氏によるとその発表時期は「WWDC 2017」、つまり今年の6月だ。意外と近い。

同氏の持っている情報によれば、新型デバイスは「Mac Pro」に似たデザインを採用。筒の上部が凹み、そこには端末を操作するためのボタンが設置されているという。そして、端末の側面を全てメッシュで覆ったようなデザインになるとのことだ。

このメッシュ部分は全面がスピーカーになっており、部屋全体に音を届けることができるものと予想される。イメージとしてはApple Storeでも販売されている「UE Boom」のようなものになるのだとか。

具体的な製品像が、少しずつだが明らかになっているAppleの「Amazon Echo」ライクデバイス。早ければあと2ヶ月以内にお披露目になる可能性がある。今から「WWDC 2017」が楽しみだ。

ちなみに、先日の情報ではこの端末はSiriやAirPlayに対応した端末になることが判明している。

▶︎ Apple公式サイトで第4世代「Apple TV」をチェック

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう