「Googleマップ」「Amazon」などの主要アプリが次々に「Apple Watch」のサポートを終了

「Googleマップ」や「Amazon」、「eBay」などの主要アプリが、次から次へと「Apple Watch」のサポートを打ち切っていることが分かった。AppleInsiderが伝えている。

サポートが終了したアプリは、「Googleマップ」や「Amazon」などの大手主要サービス。

「Googleマップ」は4月17日のアップデートから「Apple Watch」のサポートを終了しているが、リリースノートにはその旨が一切書かれておらず、なぜサポートが終了したのか、今後サポートが復活するかは不明。さらに、4月下旬には「Amazon」や「eBay」などのアプリも相次いでサポートを終了していることも判明。

これらのアプリのサポートが突然終了したのには何か理由があるのかもしれないが、推察するに「Apple Watch」のサポートは意外に大変な割に、利用者の数が労力に見合わなかったのではないだろうか。

利用者がどれほど少なかったのかは分からないが、そもそも多くのユーザーが気づいていなかった時点で分析するほどでもないかと。

ちなみに、AppleInsiderはそれぞれGoogle、Amazon、eBayに対して、アプリの「Apple Watch」のサポート終了についてコメントを求めたようだが、返答はないとのことだ。

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 2
 ・Apple Watch Nike+ / Apple Watch Hermès
 ・Apple Watch Edition
 ・Apple Watch Series 1
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・充電器やスピーカーなど
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。