App Storeの売上高が前年同期比40%アップで過去最高を記録

本日、Appleは2017年第2四半期の決算発表を行った。今回の決算内容は、前回決算には及ばないものの好調を維持。Macを含む様々な部門で売上高が前年比で増加している。

Appleの決算発表によると、好調だったのはハードウェアだけではない。iOS / Mac向けにアプリを販売するApp Storeの部門も好調で、何と前年同期比で40%も売上が増加、アプリを開発するデベロッパーの数も26%増加したとのこと。

「App Store」が入っているサービス部門は、今回の決算で70億ドルの売上を記録。同部門全体の売上高は前年同期比で18%も増加した。

ちなみに、サービス部門には「App Store」の他にも、「Apple Music」や「Apple Pay」、そしてオンラインストレージの「iCloud」なども含まれる。AppleのCEOティム・クック氏によれば、この中でも「Apple Music」と「iCloud」部門はかなり好調で、いずれも二桁成長を達成したという。

applepay

さらに、「Apple Pay」も好調だ。現在、Apple Payが利用できる国は全部で15カ国、利用できる店舗は2,000万以上まで増加した。そのおかげで、サービス全体で利用された回数は460%も増加し、堅調な伸びを記録しているとのこと。

いずれのサービスも好調もしくは回復傾向にあるApple。ここからはプロ向けのハイエンド端末や、10周年を記念したハイエンド型iPhoneの投入が予定されている。これらの新型端末の性能によっては、今年の年末や来年の今頃までAppleの業績は好調を維持しそうだ。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう