「iPhone 8」のモックアップと「iPhone 7」を比較した画像が公開 これまでの噂通りホームボタンが廃止され、ベゼルレスデザインに

先日から「iPhone 8」と思わしき端末の図面ダミーユニットのリークが相次いでおり、いよいよ本格的にデザインが決定しつつあるのではないかと感じる今日この頃だが、また新たな画像が登場している。

最近「iPhone 8」のリーク情報を頻繁に公開しているBenjamin Geskin氏が、Twitter上で新たに「iPhone 8」のモックアップの画像を複数公開しているのでご紹介。

「iPhone 8」の2種類のモックアップが公開 特徴はほぼ同じ

今回Geskin氏がTwitterで公開した画像は「iPhone 8」の2種類のモックアップだ。まず1つ目の画像は以下のとおり。

画像では左にリアルな「iPhone 8」のモックアップが、右に「iPhone 7」が並べられており、本体の大きさはほぼ同じであることが分かる。

「iPhone 8」はベゼルがかなり狭くなり、ホームボタンが廃止されると噂されているが、モックアップでもそれが再現。ホームボタンがなくなり、本体の上下いっぱいにディスプレイが広がっている。また、背面のデュアルレンズカメラは縦並びになっているようだ。

そして、こちらが2つ目のモックアップの画像だ。このモックアップは設計図を元に3Dプリンターを使って作成したもののようで、1つ目のモックアップに比べるとかなりチープな作りをしている。

このモックアップも1つ目のモックアップと同じく、ホームボタンが廃止され、デュアルレンズカメラが縦並びになっている模様。

今回公開されたモックアップはこれまでの噂を元に作られたものであるため、「iPhone 8」が本当にこのデザインになるかは不明だ。

特に2つ目のモックアップは先日公開された設計図を元に作ったとされており、その設計図が本物であるかどうかは分かっていないため、信ぴょう性は低い。こんな端末になればいいな、程度に思っておくようにしよう。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!

[ via @VenyaGeskin1 (1/2) ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。