「iPhone 8」の3Dモデリングが公開 ボタン配置やデザインなど丸わかり

「iPhone 8」のリーク画像が、またもやネット上で公開されている。

昨日、リーク情報でお馴染みの@OnLeaks氏がTwitterで、「iPhone 8」のものとみられる3Dモデリング画像を公開した。

公開された画像はこちら。すでにこれまでも多数の設計図面モックアップの画像が公開されていたが、このモデルング画像のおかげで、「iPhone 8」のデザインはもちろん、ボタン配置やSIMカードスロットの位置までもが今まで以上にハッキリと分かるようになっている。

デザインはこれまでの噂をほぼ踏襲しているものになっており、ホームボタンが廃止され、デュアルレンズカメラが縦並びに配置。カメラのレンズの間にLEDフラッシュが配置されるというのも、最近の噂の通りだ。

また、SIMカードスロットや電源ボタンなどの物理式ボタンの配置は全て従来端末と変わらず。ただし、電源ボタンの長さが若干だけ長くなっているなど、若干の変更があるようだ。

注目の「Touch ID」は端末の背面には存在せず。つまり、「iPhone 8」はディスプレイの上で指紋を認識できるようになるということだろうか。

噂では、Appleは「Touch ID」の搭載に苦労しているという話もあったが、この問題を乗り越えたのかもしれない。それか、一時的に囁かれていた「虹彩認証」だけで本人確認する方式に変えた可能性も一応だがある。認識精度の問題からそれはありえないと思っているので、個人的には前者であって欲しい。

ちなみに、このモデリング画像を公開したOnLeaks氏は「本物かどうか確証はない」としており、誰かが作成したフェイクである可能性も考慮した方が良さそうだ。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。