新たな「iPhone 8」の非公式コンセプトイメージが公開 本体下部に搭載されると噂の「ファンクションエリア」に注目

今秋に発売する予定の「iPhone 8」 は、全面ディスプレイデザインが採用され、ベゼルが極限まで狭くなり、ホームボタンが廃止されると噂されている。

そしてKGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、ホームボタンがあったディスプレイ下部には「ファンクションエリア」と呼ばれる新しい領域が用意され、そこでは「MacBook Pro 2016」のTouch Barのように、起動しているアプリによって様々なボタンや情報が表示されるようになるという。

この「ファンクションエリア」について、iDropNewsがコンセプトイメージを公開しているのでご紹介しよう。

「ファンクションエリア」はアプリによって様々なボタンや情報が表示

今回公開されたのは、「iPhone 8」のファンクションエリアに注目したコンセプトイメージだ。様々なボタンや情報が表示されるようになるとは言われているが、一体どのようになるのか。早速コンセプトを確認していこう。

コンセプトでは「Touch ID」がディスプレイに内蔵されたことを想定しており、ホーム画面ではディスプレイ下部の中央部分に「Touch ID」の指紋マークが表示されている。ここに指を置くことで、いつも通り画面のロックを解除できる仕組みになっているようだ。

着信時にはファンクションエリアにいつものボタンが整列。ここから電話に出たり、メッセージを送れるようになっている。

ミュージックアプリを起動して音楽を聴いているときには、ディスプレイ下部に今聴いている楽曲名とコントロールボタンが表示。わざわざコントロールセンターを出さなくても曲送りや一時停止ができてしまうのはかなり便利だ。

そして、Safariや写真アプリではディスプレイが広くなった関係で表示領域が広くなり、より便利にブラウジングや写真の編集ができるように。本体の大きさは変わらないのにディスプレイは広くなるので、これまでよりも確実に便利になることが予想される。

今回公開されたコンセプトは「Touch ID」がディスプレイ内蔵型になるというのが前提だが、Appleはディスプレイ内に「Touch ID」を内蔵する工程に苦戦していると言われており、もし搭載できないとAppleが判断した場合は背面に「Touch ID」が搭載されると言われている。

iPhoneの美しい背面にぽっかりと「Touch ID」の穴が空いてしまうのは正直堪え難い。多少開発に時間がかかったとしても、「Touch ID」をディスプレイ内に内蔵してほしいとは個人的には思っているのだが、現段階ではどうなるか分からない状態だ。今後の情報に注目しておこう。

今回紹介した画像のほかにも、iDropNewsでは複数のコンセプトイメージが公開されているので、気になる人はこちらからコンセプトイメージを確認していただければと思う。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。