新型「Amazon Echo」のプレス画像がリーク 7インチのタッチパネルが搭載された新モデル

米国で500万世帯が保有していると言われているホームスピーカー「Amazon Echo」に新型モデルが投入されるようだ。しかも次期モデルでは、シリーズ初のタッチパネルが搭載され、指による操作も可能になるとのこと。

今回、新型「Amazon Echo」のものと思われるプレス画像がネット上で公開されているので紹介しよう。

7インチのタッチパネルが搭載され、デザインが一新

画像を公開したのは、各種リークの正確さで定評のあるEvan Blass氏。公開された画像を見ると、「Amazon Echo」の新型モデルは今までの円筒形から形を変え、まるでドアホンのような形状に。

画像では、新型モデルは後ろにもたれかかるように斜めに立っていることがわかる。壁がけで使うのかそれとも机の上に置いて使うのかは不明だが、Amazon Echoの新型モデルであることを考えると、机の上に置いて使うのが基本と考えるのが普通だろう。

背面にはキックスタンドが用意されており、自立するように作られているのではないかと、個人的には予想している。

また、最大の特徴は7インチの大きさのディスプレイが搭載されるということ。しかも、これはタッチスクリーンになっているとのことなので、直接触って操作することが可能になると予想される。もしかすると、Amazonの「プライムビデオ」も見れるようになるかも?

そのほかにも天気を視覚的に確認したり、時間や日付、スケジュールを目でみて確認できるようになるようだ。寝室に置いてあるような、置き時計の役割をこなせるようになるのかもしれない。

ディスプレイ下には大きなスピーカーが搭載。Amazon Echoのようなホームデバイスは、基本的に居間など大きな部屋に置かれることが多いため、ある程度の音量が必要。それを考慮し、大きめのスピーカーを搭載しているのだろう。

現在販売中の「Amazon Echo」

Amazon Echoの値段は、200ドル〜300ドル程度になる模様。ちなみに、参考程度に前モデルの「Amazon Echo」の値段はアメリカで179.99ドルだ。

今回リークされた画像では日付が「May 4 (5月4日)」と書かれていることから、近いうちにリリースされる可能性がある。早ければ今月中かもしれない。

日本ではAmazon Echoシリーズは未発売なため、注目されることは少ないが、海外では音声アシスタント型ホームデバイスが少しずつ各家庭に浸透しつつある。日本で発売されるかどうかは相変わらず不明だが、タッチスクリーンが搭載された「Amazon Echo」の詳細が気になるところ。発表がとても楽しみだ。

▶︎ Apple公式サイトで第4世代「Apple TV」をチェック
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。