「iPhone 8」の「Touch ID」は端末背面に存在? 新しい図面も公開

今、Appleを悩ませているのは「iPhone 8」の「Touch ID」問題。指紋を認識できる「Touch ID」は、「iPhone 5s」で導入されて以来、一度も無くなったことのない機能だが、この機能をホームボタンが廃止される「iPhone 8」でどのように使えるようにするか、Appleは苦戦していると伝えられている。

Appleが持っている選択肢は基本的にふたつ。「iPhone 8」の「Touch ID」をディスプレイに内蔵させるか、それとも端末の背面に設置するか。

後者が選択された場合、次期iPhoneには一部のAndroid端末のように背面に穴がぽっかり開くことになり、デザイン的にあまりよろしくない。僕を含め、多くのユーザーがこれを回避してほしいと願っているのだが、それが現実になると予想しているアナリストがまたもや現れてしまった。

香港の調査会社CLSAのアナリストは、「iPhone 8」にはこれまで同様に「Touch ID」が搭載されるものの、配置場所が背面になる可能性が極めて高いと予想している。

指紋センサーは本体背面に搭載 Samsungの「Galaxy S8」のようなデザインに

Appleのサプライチェーンからの情報では、「Apple Pay」の決済やユーザーのプライバシー保護のためにも、「iPhone 8」に「Touch ID」は必須。ただ、搭載する位置が背面になる可能性が高く、今年発表されたばかりの「Galaxy S8」のようなデザインになる可能性が高いとのこと。

この情報を元に作成された図面がこちら。「Touch ID」が搭載される場所は、Appleのリンゴマークが存在する場所のすぐ下。端末の背面ど真ん中に指紋認証用の丸い穴が開けられるものとみられる。

「iPhone 8」はこれまでも多数の設計図が公開されてきた。今回公開された図面のように、「Touch ID」が背面に搭載されたものから、ディスプレイ内に内蔵するおかげで「Touch ID」の位置が分からなくなっているものまで本当に様々。

それだけに、Appleは「Touch ID」の搭載場所で悩んでいるとも言われているわけで、今回の情報が本採用のものかどうかは分からない。

ただ、Appleがディスプレイに「Touch ID」を搭載するのが非現実的だと判断した場合、背面にぽっかりと穴が空いた端末が出る可能性があるということ。「iPhone 8」を買う予定の人は、最悪のケースを想定しておく必要があるのかもしれない。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう