Anker、一部のオンラインショップ上で偽造品が出回っていることをユーザーに注意喚起 写真付きで見分け方を詳しくレクチャー

モバイルバッテリーやUSB急速充電器など、数々の人気スマホアクセサリを販売しているAnkerから重要な情報が発表されている。

Anker Japanによると、Amazonなどのオンラインショップで、Anker製品の偽造品が取り扱われている事例が確認できたとのこと。

偽造品はAnkerの商標を不正に表示 一見すると見分けがつかない可能性も

発表内容によると、Anker製品の偽造品の取り扱いが確認されたのはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部の店舗

これらの店舗で販売されている偽造品は、Ankerが設計・生産したものではないにも関わらず商標を不正に表示しており、一見すると本物そっくり。現時点ではAnker PowerCore 20100」と「Anker PowerLine ライトニングUSBケーブル0.9m」の2種類の商品の偽造品が出回っていることが確認されたようだ。

左が正規品、右が偽造品

もし偽造品を購入して不具合などが発生した場合、Ankerではサポートができないので、購入時には販売店を十分確認するようにと注意を呼びかけている。Ankerのオンライン直販店は以下の通り。

  • AnkerDirect (Amazon)
  • アンカー・ダイレクト楽天市場店 (楽天市場店)
  • AnkerDirect (Yahoo!ショッピング店)

ケーブル部分に文字が印字されているのが正規品

また、Ankerは同時に偽物の見分け方についても写真付きで発表。正規品とは明らかに違うパーツが使用されていたり、製品本体やパッケージに書かれている文字や記号が異なるなどの違いがあるようだ。

細かい見分け方はプレスリリースに詳しく書かれているので、気になる人はそちらを確認するようにしてほしい。プレスリリースはこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。