Amazon、新型ホームスピーカー「Echo Show」を正式発表 価格は230ドル、出荷は6月28日から

先日、各リーカーから新型「Amazon Echo」の登場が囁かれていたが、ようやくその新型スピーカーがお披露目された。

本日、Amazonは「Amazon Echo」の新型モデルを発表。来月末に出荷を開始することを発表している。

「Echo Show」は7インチのタッチスクリーンが搭載 価格は229.99ドル

Amazonが発表した新型デバイスの名前は「Echo Show」。同端末は、すでに販売されているホームスピーカー「Amazon Echo」の新型モデルで、大きな特徴は新たに7インチサイズのタッチスクリーンが搭載されたことだ。

カレンダーや天気など様々な情報を視覚的に閲覧することができるようになっただけでなく、今までは音声のみで行っていた作業を画面をタッチして操作できることがポイント。

ホーム家電との連携もバッチリで、まさにホーム家電の母艦とも言える端末に仕上がっている。IoT製品と連携が可能、セキュリティカメラのモニタとして活用することも想定されているとのこと。

タッチスクリーンの上に搭載されたカメラは5Mピクセルで、そこそこの画質。搭載されている8つのマイクとカメラを利用してビデオチャットができるとしており、他の「Amazon Echo」シリーズと無料通話が可能。iOSやAndroid向けに提供される「Alexa」アプリ(無料)を利用することでもできるようになっているようだ。

「Echo Show」には、「Amazon Echo」シリーズと同じように人工音声アシスタント”Alexa”が搭載。ユーザーの声に反応して、様々なアシストを行うことができる。明日の予定や天気を聞くのはもちろん、音楽の再生コントロールや歌詞表示、YouTube動画のコントロールも可能だ。

スピーカーの性能は「Amazon Echo」からそれなりの向上。タッチスクリーンの下に用意されたスピーカーは2インチ径ステレオになっており、Dolby技術を使用。Amazonミュージックはもちろんのこと、SpotifyやPandroraなど多数の音楽ストリーミングサービスを利用可能。また、スマホからBluetooth経由で音楽を再生することもできるとのこと。

本体サイズは187mmx187mmx90mmで、重量は1.17kgと大型化した。Wi-Fi環境はIEEE 802.11 a/b/g/n(2GHz帯/5GHz帯)が利用できる。

Echo Show」のカラーラインナップはブラックとホワイトの2色。価格はどちらも229.99ドル、出荷は2017年6月28日になる予定。

ちなみに、「Echo Show」は2台同時に購入することでセット割引を受けられる。セット割引は100ドルであるため、合計で359.98ドルで購入可能になるとのことだ。

当初は米国での販売となるが、日本などでも今後販売が開始されるかどうかについては、今の段階では不明となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。