Apple、6月5日に開催予定の「WWDC 2017」の基調講演の招待状を各プレス関係者に送付

いよいよ開催が来月に迫ったAppleの開発者向けイベント「WWDC 2017」では、イベントの目玉である基調講演が6月5日の午前10時から行われる。

この基調講演では次期「iOS」や「macOS」などの新機能の紹介が行われる予定なのだが、9to5Macによると、各プレス関係者に「WWDC 2017」の基調講演の招待状が届いていることが明らかになった。

基調講演は6月5日午前10時から開催

今年開催される「WWDC 2017」の会場は、カリフォルニア州サンノゼにある「McEnery Convention Center」。他のイベントでも頻繁に使われていた「Moscone Center」とほぼ同じくらいの大きさの会場だ。

昨年までの「WWDC」では、それぞれ「iOS」「macOS」「watchOS」「tvOS」の新バージョンについての説明が行われていたが、今年も同じようにこの4つのOSの新バージョンが発表されるものと予想されている。

また、Appleは「WWDC 2017」で新製品を発表する可能性があるとの情報もある。具体的にはAmazonの「Amazon Echo」に対抗し、Siriを搭載したスピーカーデバイスになるとのことなので、Apple初のホームデバイスを待っていたユーザーにとっては注目のイベントになりそうだ(今年3月に発表されると噂されていたベゼルレス型「iPad」の話はどこにいってしまったのか…)。

Appleの基調講演は6月5日午前10時から、日本時間では6月6日の夜中2時から開始される予定。当日は基調講演の様子がライブストリーミングで配信されることが予想されるので、生配信を見たい人は仮眠を取るなどして、体調を整えておくようにしよう。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。