KGI証券の著名アナリスト、「iPhone 8」の大幅な生産遅延や重度の供給不足に陥る可能性を指摘 発売後の数ヶ月は入手困難になるかも

今年秋、Appleは有機ELディスプレイを搭載したベゼルレスデザインの新型iPhoneの「iPhone 8」を市場に投入する。

昨年発売した「iPhone 7」からの大きなアップデートが予定されている同端末に期待している方もさぞ多いと思うのだが、やはり供給不足になるのは間違いなさそうだ。

Appleの情報に精通しているKGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏によると、「iPhone 8」は生産スケジュールに遅延が発生しており、10月から11月に生産が開始されると伝えていることが明らかになった。

やはり「iPhone 8」は生産スケジュールに遅延が発生中 発売後しばらくは供給不足が継続する模様

Kuo氏からもたらされた情報によれば、「iPhone 8」の生産開始は例年の8月付近ではなく、10月以降になる可能性が大。しかも、生産が遅れるだけでなく、発売後しばらくは深刻な供給不足が継続するとのこと。

9月に発表され、10月頃にリリースされる予定とされているが、あまりの供給不足に陥った場合、最悪数ヶ月間は入手が困難になる可能性が高いと伝えている。

Appleは昨年後半に1億~1億1000万台のiPhoneを販売しているが、この深刻な供給不足が起こった場合、今年後半の販売台数は8000万台から9000万台に減少するとKuo氏は予想。「iPhone 8」に対するビッグな需要が、Appleの脆弱な製造体制によって満たすことができないと指摘されている。

なぜこれほどまでに、Appleは「iPhone 8」の製造に手こずっているのか。それは、以前から言われている通り「Touch ID」のディスプレイ内に内蔵することに苦戦しているから。

「Touch ID」をディスプレイに内蔵する技術は、Appleはすでに所有しており、実現することはもちろん可能。

ただし、これを大量に生産するとなると話は別。Appleはいくつかの大きな問題を抱えていると各方面から囁かれていて、これを乗り越えることができないと判断した場合、最悪「Touch ID」を廃止もしくは端末背面に搭載することを予定している。

特に、背面に搭載されてしまった場合、端末の背面にぽっかりと穴が開くことになるため、歴代のiPhoneを愛してきた一部のユーザーからは不安の声も上がっている。

そのほかにも、内向きカメラに搭載される3Dセンサーの搭載など新技術の採用に苦戦しているという情報もある。どの情報が本当なのかは分からないが、これまでの情報からAppleが「iPhone 8」の製造に苦戦しているのはほぼ間違いないだろう。

問題は発表・発売がいつになるのか。個人的にはベストな端末をリリースして欲しいと考えているため、最悪数ヶ月程度遅れるのは問題ないと考えているが、先日の報道では「iPhone 8」は例年通りのスケジュールで発表・発売されるという情報もある。

Kuo氏も発表自体は9月説を推しているようだが、開発状況次第ではこれも遅れることもあるのだろうか。気になるところだ。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう