これまでの有力な噂を反映させた「iPhone 8」の美麗なレンダリング画像が公開

各種のリーク情報を提供することでお馴染みのOnLeaks(@OnLeaks)氏のリーク情報を元にGearIndia(@GearIndia)が「iPhone 8」の新しいレンダリング画像を公開している。

レンダリング画像はクオリティーが高く、かなり美しい仕上がりになっているので、早速内容を紹介していこう。

本体は薄くなり、「Touch ID」は背面に移動せず?

公開されたレンダリング画像は全部で8枚。それぞれ「iPhone 8」を上下左右様々の角度から撮影したかのような仕上がりになっており、光の反射が高級感を一層際立てている。

背面側にはデュアルレンズカメラが搭載されているが、随分と出っ張っている様子。「iPhone 7 Plus」でもデュアルレンズカメラは出っ張っていたが、ここまでしっかりと出っ張っている様子を見ると、全体的に「iPhone 8」は薄くなる可能性があるのではないだろうか。

おもて面は全面がディスプレイになっており、本体下にあったホームボタンは廃止。おかげで「iPhone 8」のおもて面は凹凸のないまっさらなデザインへと変貌する。

また、ホームボタンの廃止に伴って「Touch ID」が移動することが予想される。この画像からはどこに移動したのかは判断できないが、背面側に「Touch ID」が存在しないことから、おそらく画面に内蔵されたか、そもそも廃止されたかの2択になるだろう。おそらくセキュリティーの関係から前者になる可能性が高そうだが。

おもて面の下部には、これまで通りLightning充電端子が搭載。ディスプレイ端の光の反射から察するに、2.5Dガラスがディスプレイ部分に使用されているようだ。

そして、若干見えづらいかもしれないが、おもて面の上部にはセンサーやカメラと思わしきパーツが全部で4つ搭載されている。これらが一体何なのかを当てるのはなかなか困難だが、おそらくFaceTimeカメラや虹彩認証センサー、環境光センサーなどであることが予想される。

ちなみに、次期iPhoneはFaceTimeカメラで3D空間を認識できるようになると言われている。この技術を駆使することで立体感のある写真を撮ったり、人物の顔を認識して加工する機能が使えるようになるかもしれない。

今回公開されたレンダリング画像は非常に美しく、これまでのリークの中でも1位2位を争うレベルの出来だ。Lightning充電ポートが搭載されたり、ディスプレイに2.5Dガラスが使われたりしている感じはかなりリアルで、なかなか現実味のあるレンダリング画像だと言えるだろう。

もし「iPhone 8」がこのような端末になったら、個人的には即買いなのだが、皆さんはどうだろうか。

▶︎ 「iPhone X」「iPhone 8 / 8 Plus」の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。