Apple、「Appleサポート」アプリをアップデート 正規サービスプロバイダでの修理予約が可能に

本日、Appleは純正アプリ「Appleサポート」のアップデートを実施。バージョンが1.1に上がり、いくつかの新機能が追加されているので紹介しよう。

「Appleサポート」アプリの最新版リリースノートによると、アップデート内容は以下のとおり。

  • Apple 正規サービスプロバイダでの修理を予約する。
  • 中国、香港、マカオ、トルコ、およびアラブ首長国連邦の Apple Store の Genius Bar を予約する。
  • 通信事業者で場所を絞り込む。
  • 簡略化された認証プロセス。
  • チャット用の iOS 10 リッチ通知に対応している。
  • 不具合の修正および改善。

今回のアップデートの目玉は、正規サービスプロバイダでの修理予約が可能になったという点。今まではApple Store限定でしか利用できなかった同機能だが、これからはお近くの店舗でも修理を予約することができるように。

Apple Storeの予約受付と同様に、日付や時間の指定が可能。同アプリを活用すれば、簡単に修理の予約ができるだろう。

また、「Appleサポート」アプリは今回のアップデートで、ようやく「iOS 10」で導入されたリッチ通知に対応した。Appleサポートとのチャットのやりとりがロック画面や通知センターに表示され、通知からすぐに返信できるようになった。

リッチ通知から返信する場合、3Dタッチが利用可能であれば、通知を強めにプレス。3Dタッチが利用できない場合は通知をホールドし続けることで返信ができる。

他にも複数の新機能や変更点があるので、万が一の時に快適にサポートに連絡できるように、事前にアップデートをしておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。