「iPhone 8」の前面を図説した画像が公開 気になるファンクションエリアとディスプレイ上部が鮮明に

昨日、次期iPhoneのプレミアムモデル「iPhone 8」のディスプレイ領域のデザインを説明した画像が公開されたことをお伝えしたが、同画像を公開したBenjamin Geskin(@VenyaGeskin1)氏がまたも新しい画像を公開している。

以下が今回公開された画像。内容は「iPhone 8」のディスプレイ領域とファンクションエリアについて図説したものになっていて、赤い枠がディスプレイ全体の領域、青い枠がファンクションエリアと呼ばれる領域を表したものだ。

同氏によれば「iPhone 8」のディスプレイサイズは約5.8インチと大型化、歴代のiPhoneシリーズの中でも過去最大の画面サイズになる。

これはホームボタンが廃止されることによって実現する。もともとホームボタンのあった本体下部にまでディスプレイが広がるおかげで、端末サイズはそのままに、画面だけが大きくなる予定だからだ。

注目は、ディスプレイ上部とディスプレイ下部。

まず下部についてだが、ホームボタンの廃止に伴い「ファンクションエリア」と呼ばれる新しい領域が導入されると予想されている。まだこのファンクションエリアがどのようなものになるのか詳細は明らかになっていないが、予想では「MacBook Pro 2016」で採用された「Touch Bar」のようなものになるだろうと言われている。

ここには擬似的なホームボタンが表示されたり、開いているアプリによって表示が切り替わるため、従来にはなかった様々な操作ができるようになる。これまでよりも便利にiPhoneを操作できるようになるのだとか。

隣には現行型iPhoneが並べられているので分かりやすいのだが、ファンクションエリアの大きさは今のディスプレイ下部の領域とほぼ同じ面積。全面がディスプレイになったとしても使い勝手はほとんど変わらなさそうだ。

また、ディスプレイ上部は各種センサーやカメラの部分だけを避けるような形になる。これは昨日お伝えした内容なので割愛するが、ディスプレイ自体はやや変則的な形になる可能性が高い。

「iPhone 8」が本当にこのデザインになるかどうかは現時点では分からないが、有機ELディスプレイを採用するなら決して実現できないものではなさそう。「iPhone 8」については他にも様々な噂があるが、Geskin氏の予想が最も理想的な「iPhone 8」なのかもしれない。

▶︎「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」を各種オンラインショップで購入!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。