「MacBook Pro (2016)」のキーボード、本体熱によってキートップが変形する不具合は修理対応可能

昨年秋に販売が開始された新型MacBook Proの「MacBook Pro (2016)」には、第2世代のバタフライ構造のキーボードが採用されている。

このキーボードは第1世代に比べて打鍵感があり、個人的にはとてもタイピングしやすくなったと感じているのだが、この第2世代のキーボードには熱で変形してしまうという問題が一部で発生しているようだ。

Macお宝鑑定団Blogによると、MacBook Proの13インチモデルと15インチモデルの両方で、キーボードのキートップが本体熱で変形してしまう事例が報告されており、キーボードを叩くときの音が通常より大きくなってしまうことがあるとのこと。

ただし、このような症状が出てきた場合は簡単に修理が可能だという。旧型の「MacBook Pro」であれば、キーボードを全部取り替える必要があったわけだが、「MacBook Pro (2016)」ではキートップを単体で交換することが可能。問題があるキーだけピンポイントで交換修理することができるとのことだ。

もし、いまお使いの端末のキーボードに異常を感じている場合は、Appleにコンタクトをとってみるといいだろう。

ちなみに昨日、Appleは「Appleサポート」アプリをアップデートしており、正規サービスプロバイダの予約もアプリからできるようになった。修理依頼や相談をする際は、同アプリを活用してみて欲しい。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。