新型「iPhone SE」の背面パネルのリーク画像が公開 「Apple Watch」にも使用されている「Ion-X」ガラスが採用?

iphonese

現在、iPhoneの最新ラインナップは、4.7インチモデルの「iPhone 7」と5.5インチモデルの「iPhone 7 Plus」、そして4インチモデルの「iPhone SE」の3種類が展開されている。

このうちの「iPhone SE」は、2016年春に4インチモデルの後継機として新しく発売された小型のiPhone。「iPhone 5s」などの4インチのiPhoneが好きだったユーザーや、手頃な価格でiPhoneを購入したいユーザーの心を掴み、たちまち大人気となった。

そんな「iPhone SE」の新型モデルが今年6月に登場することになるのかもしれない。Slashleaksが、2017年に発売される新型「iPhone SE」の背面パネルと思わしき部品のリーク画像を投稿している。

2017年に発売される新型「iPhone SE」にはIon-Xガラスの背面パネルが採用?

まず、こちらがSlashleaksで公開された画像。同メディアはこの画像を「iPhone SE (2017)」の背面パネルだとして公開している。

「iPhone」の背面パネルと思わしきものが4つ写っており、後ろの紙の「材料」と書かれている部分には「Ion-X Glass」との記載があることが確認できる。

この「Ion-X」ガラスとは「Apple Watch Series 1」や「Apple Watch Series 2」のアルミニウムモデルのディスプレイ部分に使われているガラス。このガラスが「iPhone SE (2017)」の背面パネルにも使われることになるのだという。

ただし、このリークにはかなりツッコミどころが多い。まず第一に、Slashleaksはこの画像を「iPhone 8」の背面パネルではなく「iPhone SE」の背面パネルとして公開しているという点。

今年秋に発売が予定されている「iPhone 8」では背面パネルがガラス製になると噂されており、 一部では「iPhone 7s / 7s Plus」の背面パネルもガラス製になると言われている。しかし、「iPhone SE」の新型に関する情報はほとんどなく、ましてやガラス製の背面パネルが採用されるという噂はほとんどない

しかも、この画像に写っている背面パネルのカメラの穴は1つだけ(下にあるもう一つの穴は大きさが違うのでLEDフラッシュ用だと思われる)。「iPhone 8」にはデュアルレンズカメラが採用されるというのが現時点では濃厚なので、もし「iPhone 8」用だとしても違和感が残る。

Slashleaksはこの画像を中国Weiboから入手したとしているが、元々のWeiboの投稿を見てみると「iPhone SE」の新型が「WWDC 2017」で発表されるという言及もある。今のところ「WWDC 2017」では新型ホームスピーカー以外の製品が発表されるという噂はないため、こちらも正直信ぴょう性に欠ける情報だ。

また、この画像を見た一部のユーザーからは「画像が加工されている」とのツッコミもあり、もはやこのリークは信ずるに値しないレベル。しかも、背面をよくみると、「iPhone SE」の「SE」という表記もなく、謎の「Touch ID」のようなマークすら存在するようにも見える。滅茶苦茶だ。

もし本当に「WWDC 2017」で「iPhone SE」の新型が発表されるのであれば、4インチiPhoneの新型モデルが欲しい人からすれば嬉しい情報だろう。ただし、先ほども述べたようにかなり信ぴょう性に欠ける情報なので、参考にすらならないだろう。

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。