Microsoft、「Visual Studio for Mac」を正式リリース

慣れ親しんだ「Visual Studio」でiOSアプリやmacOS用のアプリを開発したい方はぜひダウンロードを。

本日、Microsoftは開発者向けイベント「Build 2017」で、Visual Studio for Mac」を正式リリースしたことを発表。すでにダウンロードすることが可能になっている。

「Visual Studio for Mac」は、MacでiOS/macOS/watchOS/Android向けアプリなどを作るためにクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin Studio」をベースに開発されたもので、「Xamarin」や「.NET Core」を利用してアプリ開発ができるように。さらにはUnityでゲーム開発も可能になるなど開発者にとって有用なアプリケーションとなっている。

今まで「Visual Studio」の開発環境で慣れ親しんだ方にとってはとても心強い味方。すでにMicrosoftの公式サイトからダウンロード可能となっているので、ダウンロードページへはこちらからどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。