Apple、正式版「macOS 10.12.5」をリリース バグフィックスやセキュリティの改善がメイン

つい先ほど、Appleは一般ユーザー向けに正式版「iOS 10.3.2」を公開しているが、同時に正式版「macOS 10.12.5」も公開されている。

公開された「macOS 10.12.5」では特に大きな変更点はなく、セキュリティや安定性、互換性の改善やバグフィックスがメインになっているようだ。

リリースノートは以下の通り。

macOS Sierra 10.12.5アップデートでは、お使いのMacのセキュリティ、安定性、および互換性が改善され、すべてのユーザーに推奨されます。

このアップデートへの内容:

・USBヘッドフォンで再生する際にオーディオがとぎれとぎれになる場合がある問題が修正されます。
・Mac App Storeの将来的なソフトウェア・アップデートのための互換性が強化されます。
・Boot Campを使ってWindows 10 Creators Updateのメディアフリー・インストールが可能になります

このアップデートについて詳しくは、次のWebサイトを参考にしてください: https://support.apple.com/ja-jp/HT207706

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

Macを利用しているユーザーは時間があるときに必ずアップデートをしておこう。アップデートはMac App Storeから。

ちなみに、来月行われる「WWDC 2017」では、最新のmacOSとなる「macOS 10.12.6」の詳細が発表される予定だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。