「iPhone 8」の新しいレンダリング画像が公開 端末ラインナップは5インチモデルと5.8インチモデルの2種類 背面にガラスケース、ワイヤレス充電も搭載

今年の秋に発売が予定されている次期iPhoneのプレミアムモデル「iPhone 8」は、これまでの情報から端末デザインが大幅に変更されると言われている。

最も有力な噂は、強化ガラスを使用した背面パネルが採用されるというもの。2枚のガラスケースでステンレススチールフレームを挟んだような高級感のあるデザインになるとされる。

これまでも、上記情報を基に様々なリーク画像レンダリング画像が公開されてきたが、本日新たに米Engadgetが独自に入手したとするレンダリング画像を公開しているので、ご紹介しておこうと思う。

「iPhone 8」は2モデル体制に?ガラスで覆われたデザインに

米Engadgetは、アクセサリー業界出身の信頼できる情報筋から入手した「iPhone 8」のCADレンダリング画像を公開。デュアルレンズカメラの特徴やLEDフラッシュの位置、そして「iPhone 8」の背面デザインがハッキリと分かる画像となっている。

こちらが公開されたレンダリング画像。Engadgetによると、「iPhone 8」の背面にはやはりガラスパネルが使用され、全体をガラスで覆ったようなデザインになるとのこと。

背面パネルの素材を金属からガラスに置き換えることによって、電波の干渉を起こさず、ワイヤレス充電機能が使えるようになる。背面のどこでワイヤレス充電ができるのかは定かではないものの、端末背面に充電コイル用の切れ込みが入っているように見えることから、この辺りで充電するようになるのかもしれないと同メディアは指摘している。

また特徴的なのは、デュアルレンズカメラが縦並びであるということ。デュアルレンズカメラは昨年発売した「iPhone 7 Plus」で初めて採用された機能のひとつだが、同端末のデュアルレンズカメラはもともと横並び。

だが、今回公開された「iPhone 8」の画像では縦並びになっていることから、若干の変更がある(見た目の変化は大きいが)ことがわかる。

LEDフラッシュは以前の情報通り、デュアルレンズの間に配置される形に。さほど問題には感じないが、「iPhone 7 Plus」のデザインで慣れ親しんでいる人からすれば若干の違和感を感じるかも。

ただ、今回のEngadgetの報道の中で、ひとつだけ気になる情報がある。それは「iPhone 8」は2モデル体制で販売されるという話。

今までの情報では、次期iPhoneは3モデル体制になると言われている。従来モデルのアップグレードモデルがふたつに、さらなる上位モデルの「iPhone 8」を加えた3つのiPhoneだ。これを伝えているのは、過去にも実績がある著名アナリスト達であるため、今でもこの情報が最も濃厚とされている。

ただし、Endadgetによると「iPhone 8」はふたつのモデルになるとのこと。一つは5インチモデルで、もう一つは5.8インチモデルだという。

従来モデルよりも画面サイズが大きくなっているのはホームボタンが廃止されることによって画面サイズが大きくなるためで、端末サイズ自体は従来端末と同じ大きさになることが予想される。

しかも、ディスプレイは画面の縁いっぱいに広がるベゼルレスデザインになる可能性が高いという。今回公開されたリーク画像では残念ながら確認することはできないが。

あくまで、今回のレンダリング画像はまだ試作段階に作成されたものである可能性があり、実際にAppleが秋から販売するモデルと異なるかもしれない。

そもそも、Appleはホームボタンの廃止に伴って、指紋認証機能「Touch ID」をディスプレイに内蔵することはできているものの、製造過程で苦戦しているとも言われている。そのほかにも、3Dセンサーの搭載などの新技術の導入が難しいことから、いくつかの新機能の搭載を諦める可能性も指摘されているのだ。

しかし他の情報源からの話では、次期iPhoneの開発は順調に進んでおり、部品の製造も今月から来月には開始されるという情報も出てきている。Appleは「iPhone 8」の製造で最も難しいとされる難関を突破することができたのかもしれない。

Appleがこの秋発売するiPhoneがどんな端末なのか、まだまだ分からないことだらけだが、いずれにしても次期iPhoneはとてつもなく大きな進化を伴ったメジャーアップデート端末になることは間違いなさそう。価格は1,000ドルを超えるという情報もあるが、兎にも角にも新端末の登場は楽しみである。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう