Apple、他社製アプリからのiCloudアクセス時に2ファクタ認証が必須に 2017年6月15日から実施

iCloud

Apple IDの2ファクタ認証を知らない、もしくは使っていない人は早めに設定しておいた方が良さそうだ。

Appleによると、「Microsoft Outlook」や「Mozilla Thunderbird」などの他社製のアプリや、Apple以外のメール・連絡先・カレンダーのサービスからiCloudデータへアクセスする場合、今後は2ファクタ認証が必須になることが判明した。

Appleからの案内によると、この変更は2017年6月15日から実施。当日にApple IDを使ってサインインしているアプリ・サービスがある場合は自動的にサインアウトされるようだ。

もし継続してそのアプリ・サービスでApple IDを使いたい場合は、2ファクタ認証の設定を行い、「App用パスワード」と呼ばれる特殊なパスワードを生成してサインインし直す必要があるので注意するようにしよう。

ちなみに、「App用パスワード」を生成するには、iCloudの設定にある2ファクタ認証を有効にし、「Apple IDアカウントページ」にサインイン。サインインしたら、「セキュリティ」→「App用パスワード」を開くことでApp用パスワードを生成することができる。

2ファクタ認証は不正ログインの防止にも役立つので、設定しておくことはとても大事だ。これまで設定していなかった人は6月15日になる前にあらかじめ設定しておき、当日は突然アプリが使えなくなった!と驚くことがないようにしておこう。

2ファクタ認証の「App用パスワード」について詳しく知りたい場合は、Apple公式サイトのサポートページ「App用パスワードを使う」を参考にしてほしい。

ちなみに、2ファクタ認証が利用できるのは、「iOS 9」以降を搭載したiPhone・iPad・iPod touch、「OS X El Capitan」以降を搭載したMac、「watchOS 2」以降を搭載したApple Watch。もしくはWindows用「iCloud」v5と「iTunes 12.3.3」以降がインストールされたWindows PCでも利用することが可能だ。

[ via Macお宝鑑定団Blog ]

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (12.9インチ / 10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil / ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
iCloud
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。